Loading...

熟成感を楽しめるマグナムボトルワインの商品一覧

保管熟成を楽しめるマグナムボトル

長期熟成のポテンシャルを秘めたマグナムボトル(1,500ml)。

通常のボトル(750ml)と比べて、空気に触れる面積が少ない分、

ゆっくりと時間をかけて、じわじわと旨味が増すため、より美味しく熟成するといわれています。


生産量の少ないマグナムボトルを数量限定で販売してますので、是非この機会にご利用ください。

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • Bollinger Special Cuvee

      • 8,500

      • 税込9,350

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Champagne
      ヴィンテージ
      Non Vintage
      生産者
      ボランジェ
      生産地

      ボランジェは、1829年、シャンパーニュ地方・アイ村にジャック・ボランジェによって創設された名門シャンパーニュ・メゾンです。 176haの自社畑を擁し、生産に必要なブドウの多くをそのグランクリュとプルミエクリュを主とする自社畑から供給しています。 現在も、創立当時から変わることなく伝統的製法を守り続け、その厳しい生産基準によって支えられた高品質及び独特なスタイルは世界的にも高い評価を得ています。 また、1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なメゾンの一つとなっています。 継承される伝統によって育まれる、一貫したスタイルと素晴らしい品質を誇るシャンパーニュです。 マグナム・ボトルで寝かせたリザーヴ・ワインがブレンドの大半を占めています。 ボランジェのスタイルを見事に表現しています。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ローラン・ポンソ ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・デ・ププリエ [2016]1500ml

      • 11,700

      • 税込12,870

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ローラン・ポンソ
      生産地

      ローラン・ポンソの「こだわり」が詰まったネゴシアン 2017年2月、ローラン・ポンソが36年間携わったドメーヌ・ポンソを離れ、その直後の同年4月に、ネゴシアン「ローラン・ポンソ社」を立ち上げた。 オフィスは、ジリィ・レ・ シトー村の産業地区に構え、このオフィス裏とコルゴロワンに熟成用の設備や畑作業用の機器置場をもつ。2018年1月には愛息のクレメンが当主に着任している。 ワインは、ローラン自身とクルチエのネットワークから質の高いブドウを購入して造られる。 ブドウ、圧搾果汁、発酵果汁の状態で購入するが、まれにごく初期の樽に入った状態ものも含まれ、収穫直後できる限り早くセラーに持ち込まれる。ワインになった 完成品の状態や瓶詰直前のものを購入することは絶対にしない。また、ローランが ドメーヌ・ポンソの頃から所有していた畑もあり、ローラン・ポンソ社が形式的にブドウを買い取る形で醸造する。ブドウは、所有畑、メテヤージュを含め各アペラシオンの素晴らしい区画で栽培される。オーガニックではないが、農薬は使用しない、自然に忠実な耕作を続ける区画だ。 2016ヴィンテージは、17のアペラシオンを造ったが、2017は20アペラシオンに増やすなど、今後、畑は追加していく予定だ。 ワイン造りでこだわっている樽熟成。熟成のサイクルを尊重し、樽はあくまでも酸素に触れる役割と考えているため、新樽は一切使用しない。SO2の添加も最低限に抑え、必要ないと判断すれば使用しない。 ローランがドメーヌ・ポンソ時代から貫く、伝統とハイテクの融合への探求は健在だ。全てのブドウに関する過去の分析データは持っており、その他にも特殊コルクや、SO2の代わりとしての天然ガスの使用、“インテリジェント・ケース”による輸送中の温度管理、真正性の保護などがある。さらに、2018年には、NFC(近距離無線通信)チップの使用によって、現地から消費者までのワインの温度変化が把握できるようになった。 他にも、既に試作品が完成している、赤ワイン、白ワイン専用の醸造タンクや未来的なラベル、ブルゴーニュでは珍しいパッケージ デザインなど、ローランの多くのアイデアが詰まっている。 ローラン・ポンソ社のファーストヴィンテージは、2016年。しかし、実は2015年も造っており、ローラン所有の畑で収穫されたブドウを100%使用している “ドメーヌ”ワインだ。ラベルには、“An Zero”の文字が特別に刻まれる。 全てのワインにキュヴェ名がついていて、基本的には白ワインには花の名前、赤は木の名前だ。唯一シャンボール・ミュジニー 1級 シャルムのみ“Cuvee Violet”とスミレを意味する花の名がつく。これらは、ワインを飲む前に全て彼のインスピレーションで決めた。 ローランは、ワインの味わいコメントは話さない。先入観を持たずに、各飲み手に印象を創ってほしいということからだ。 こだわりのつまった「ローラン・ポンソ」、是非飲んで体験してほしい。

    • Product Images
    • CHABLIS LES PREUSES GRAND CRU(1500ML) 2010 JEAN ET SEBASTIEN DAUVISSAT

      • 15,800

      • 税込17,380

      0
      販売者
      ラ・ヴィネ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      ジャン・エ・セバスチャン・ドーヴィサ
      生産地

      シャブリの街の中心部に居を構えるセバスチャン・ドーヴィサ。かのルネ・エ・ヴァンサン・ドーヴィサとは先代が従兄弟の間柄で、現在は才気溢れるセバスチャンが蔵を牽引しています。蔵元が所有する特級レ・プリュ-ズは、焼きの強い小樽で醸造を行います。非常に硬質な性質ですが、成熟度の高い2010年らしく、強いミネラル備えながらも、密度の高い果実味や蜜っぽさ、香ばしさを纏い、スケールの大きさを感じさせます。ムルソーのような力強さを持ちながらも、シャブリらしいミネラル感は失わない出色の出来映え!すでに飲み頃ですが、今後10年以上の熟成も可能な大作です。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドメーヌ・ジャン・グリヴォ ヴォーヌ・ロマネ [2015]1500ml

      • 19,780

      • 税込21,758

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ドメーヌ・ジャン・グリヴォ
      生産地

      グリヴォ家がヴォーヌ・ロマネの各地に所有する区画をアッサンブラージュした村名ワイン。まさにヴォーヌ・ロマネの典型ともいえるスタイルをもち、力強さ、豊満さ、そしてエレガントさをすべて兼ね備える。数年の熟成によってさらに開花することは言うまでもなく、エティエンヌ・グリヴォによれば、恵まれない年であっても熟成のポテンシャルは高いという。 現在ドメーヌを運営するのはジャンの息子エティエンヌだが、彼の祖父ガストンの時代にドメーヌは頭角を現してくる。ガストンはその時代には珍しくディジョン大学で醸造学を修め、また1920年代初期にはニュイのアンリ・グージュらと共に元詰めも始めている――ドメーヌは’59年以降、全生産量を元詰めしている。とはいえ、納得のいかない年のものは樽でネゴシアンに売却――。 クロ・ド・ヴージョ等の特級畑3ヶ所を含む13ヘクタール強のドメーヌ―エティエンヌの叔母にあたるジャクリーン・ジャイエの畑も近年、組み込まれた――はそのほとんどがヴォーヌとニュイを中心に広がり、また半分以上を1級畑が占めている。その畑では植え替えの際、ヘクタール当たり、1万2,000~1万5,000本という強い密植がなされ、また土壌の活性化が図られている。これらはエティエンヌが目指す、葡萄に備わる諸要素を出来るだけ引き出し、力強くしかも繊細さを兼ね備えた長熟なワインを生むための一環としての作業のひとつ。よりよいワインを生むためには過去の技術にもこだわらず、’80年代半ばより積極的に試みてきた低温浸漬も’90年代以降、慎重な態度で臨むようになった。 伝統に安住することなく、理想のワインを追い求める、非常に好感の持てるドメーヌである。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】アルヴィナ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ ラ・リュ・オー・ヴァッシュ [2018]1500ml

      • 19,800

      • 税込21,780

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      アルヴィナ・ペルノ
      生産地

      唯一の自社畑でドメーヌ表記。0.04ha所有、1960年植樹、平均収量50hl/ha、2~4年樽で約11ヵ月熟成。 ◆2018年ヴィンテージ情報◆ 2018年ファーストリリース。2018年は酸が低かったから酸が高いパーセルを選んだそう。 昔のルフレーヴが使っていたバーティカルなプレス。ピジャージュよりルモンタージュを多用する考え。 コラージュはなるべくしないようにしていて、フィルターは軽くかけるそう。 ◆Paul Pernotとの違い◆ パーセルが違う。 ドメーヌは6か所。アルヴィナは3か所。(気に入った3か所を毎年選んでいる) 毎年その年の出来をみてアルヴィナが毎年違う気に入った区画を購入する。その方法は毎年、ジュースを分析にかけて、判断する。今年は酸度が高いパーセルに判断した。新樽の比率を抑えているペルノ家ですが、アルヴィナではレジオナルで0%、その他も10%までの新樽比率。 また、アルヴィナはシュールリーにて熟成させている。

    • Product Images
    • Bourgogne Blanc 1500ml Magnum Bottle

      • 20,000

      • 税込22,000

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      Leflaive
      生産地

      地域名ACブルゴーニュ 新生ルフレーヴの初ヴィンテージにして超当たり年! ルフレーヴのACブルゴーニュは、1979年及び1982年植樹の"les Houlières"(レ・ゾーリエール)の区画と、1998年・1999年及び2003年植樹の"les Parties"(レ・パルティ)の区画合計3haと24アールから作られる。 両区画ともピュリニー・モンラッシェ村中心より南に位置し、国道74号線の西側という恵まれたロケーションを持つ区画。国道74号線を境に東がリージョナル(地域名)、西が特級~村名の区画が多いということでも国道74号線の西側の優位性がご理解頂けるはず。 しかもレ・ゾーリエールの区画は、村名ピュリニーでは有名区画のレ・ザンセニエールに近く、法的に村名ピュリニーを名乗っても許される区画です。 乳がんを患い、2015年4月5日に59歳で惜しまれつつ亡くなったアンヌ・クロード・ルフレーヴ女史から代が替わった新生ルフレーヴ最初のヴィンテージ2015年。 稀少な1500mlマグナムボトルが入荷です! 以下、正規輸入代理店公式サイトより。 アペラシオンこそブルゴーニュだが、その区画はピュリニーの集落にあり、村名ピュリニー・モンラッシェを名乗っても不思議ではないほど。実際のところ村名並みの手をかけ醸造されたワインは、凡百なブルゴーニュ・ブランではあり得ない、果実の凝縮度とアフターのミネラルをもつ。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ローラン・ポンソ ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ド・ロルヌ [2016]1500ml

      • 23,400

      • 税込25,740

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ローラン・ポンソ
      生産地

      ローラン・ポンソの「こだわり」が詰まったネゴシアン 2017年2月、ローラン・ポンソが36年間携わったドメーヌ・ポンソを離れ、その直後の同年4月に、ネゴシアン「ローラン・ポンソ社」を立ち上げた。 オフィスは、ジリィ・レ・ シトー村の産業地区に構え、このオフィス裏とコルゴロワンに熟成用の設備や畑作業用の機器置場をもつ。2018年1月には愛息のクレメンが当主に着任している。 ワインは、ローラン自身とクルチエのネットワークから質の高いブドウを購入して造られる。 ブドウ、圧搾果汁、発酵果汁の状態で購入するが、まれにごく初期の樽に入った状態ものも含まれ、収穫直後できる限り早くセラーに持ち込まれる。ワインになった 完成品の状態や瓶詰直前のものを購入することは絶対にしない。また、ローランが ドメーヌ・ポンソの頃から所有していた畑もあり、ローラン・ポンソ社が形式的にブドウを買い取る形で醸造する。ブドウは、所有畑、メテヤージュを含め各アペラシオンの素晴らしい区画で栽培される。オーガニックではないが、農薬は使用しない、自然に忠実な耕作を続ける区画だ。 2016ヴィンテージは、17のアペラシオンを造ったが、2017は20アペラシオンに増やすなど、今後、畑は追加していく予定だ。 ワイン造りでこだわっている樽熟成。熟成のサイクルを尊重し、樽はあくまでも酸素に触れる役割と考えているため、新樽は一切使用しない。SO2の添加も最低限に抑え、必要ないと判断すれば使用しない。 ローランがドメーヌ・ポンソ時代から貫く、伝統とハイテクの融合への探求は健在だ。全てのブドウに関する過去の分析データは持っており、その他にも特殊コルクや、SO2の代わりとしての天然ガスの使用、“インテリジェント・ケース”による輸送中の温度管理、真正性の保護などがある。さらに、2018年には、NFC(近距離無線通信)チップの使用によって、現地から消費者までのワインの温度変化が把握できるようになった。 他にも、既に試作品が完成している、赤ワイン、白ワイン専用の醸造タンクや未来的なラベル、ブルゴーニュでは珍しいパッケージ デザインなど、ローランの多くのアイデアが詰まっている。 ローラン・ポンソ社のファーストヴィンテージは、2016年。しかし、実は2015年も造っており、ローラン所有の畑で収穫されたブドウを100%使用している “ドメーヌ”ワインだ。ラベルには、“An Zero”の文字が特別に刻まれる。 全てのワインにキュヴェ名がついていて、基本的には白ワインには花の名前、赤は木の名前だ。唯一シャンボール・ミュジニー 1級 シャルムのみ“Cuvee Violet”とスミレを意味する花の名がつく。これらは、ワインを飲む前に全て彼のインスピレーションで決めた。 ローランは、ワインの味わいコメントは話さない。先入観を持たずに、各飲み手に印象を創ってほしいということからだ。 こだわりのつまった「ローラン・ポンソ」、是非飲んで体験してほしい。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】アルヴィナ・ペルノ ムルソー 1er ラ・ピエス・スー・ル・ボア [2018]1500ml

      • 23,720

      • 税込26,092

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2018
      生産者
      アルヴィナ・ペルノ
      生産地

      Paul Pernot所有の2005年植樹区画(0.64ha)の内0.12haから生まれる。55hl/ha、 2~4年樽で約11ヵ月熟成。 ◆2018年ヴィンテージ情報◆ 2018年ファーストリリース。2018年は酸が低かったから酸が高いパーセルを選んだそう。 昔のルフレーヴが使っていたバーティカルなプレス。ピジャージュよりルモンタージュを多用する考え。 コラージュはなるべくしないようにしていて、フィルターは軽くかけるそう。 ◆Paul Pernotとの違い◆ パーセルが違う。 ドメーヌは6か所。アルヴィナは3か所。(気に入った3か所を毎年選んでいる) 毎年その年の出来をみてアルヴィナが毎年違う気に入った区画を購入する。その方法は毎年、ジュースを分析にかけて、判断する。今年は酸度が高いパーセルに判断した。新樽の比率を抑えているペルノ家ですが、アルヴィナではレジオナルで0%、その他も10%までの新樽比率。 また、アルヴィナはシュールリーにて熟成させている。

    • Product Images
    • 【マグナム瓶】ドメーヌ・デ・ラ・ジャナス シャトーヌフ・デュ・パプ ヴィエイユ・ヴィーニュ [2011]1500ml

      • 24,670

      • 税込27,137

      0
      販売者
      ワインセラーウメムラ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2011
      生産者
      ドメーヌ・デ・ラ・ジャナス
      生産地

      熟成を経ることによってまるでブルゴーニュの特級クラスに通ずるような肉・革系のニュアンス、そして品格が表れてくるのもジャナスが誇る上質なグルナッシュの魅力。 醸造:Concrete  熟成:Oak foodre 75%, Oak barrel 25%(40% New) 年産:15,000本 平均樹齢60年~100年のグルナッシュ85%、シラー15%。4つの異なる土壌を持つ区画の葡萄から造られる。南の小石の多い土壌は肉厚さと力強さを与え、Chaupinのような土壌はフレッシュさと酸をもたらす。赤粘土の濃い砂混じりの土壌はストラクチャーとボディを与える。この土壌は北に位置する為、収穫は他よりもかなり遅らせ、その間に必要なフィネスを蓄えるそうだ。そして砂質石灰土壌はスムースさを与える。収穫はそれぞれの熟度が異なるので、それを見極めて収穫される。 非常に高い凝縮感のある色合いで、何層もの豊富な果実の層から構成されている素晴らしい造り。熟した様々な赤い果実、ブラックフルーツ、リコリス、焦がした土、スパイス、ハーブなどの複雑な香り。熟したピュアな果実味をしっかりと感じ取ることが出来る。力強くもありながら、どこか優美な美しさも兼ね備えた上品なシャトーヌフ・デュ・パプ。Chaupinよりもさらに厚みがあり、ブラックチェリー、チョコ等の要素が印象的。粘土質土壌と砂質土壌からのブドウの長所をうまく生かしたキュヴェで、サボンの職人技を感じる事が出来る。若いうちはフルーツのフレッシュさなどの生き生きとしたニュアンスを感じる事ができるので、熟成と若飲みそれぞれ楽しんで欲しいそうだ。若飲みの際はデカンタし、14度で飲むのが最適だとの事。。 ワインアドヴォケイト:96ポイント Wine Advocate #209 Oct 2013 Jeb Dunnuck 96 Drink: 2013-2027 $77-$133 And a candidate for the wine of the vintage, the 2011 Chateauneuf du Pape Vieilles Vignes is always a rough blend of 85% Grenache and the balance Syrah, Mourvedre, Clairette and other permitted varieties, that has the Grenache aged all in foudre and the Syrah and Mourvedre aged in one-third new barrels (that’s less than 6% of the blend in new barrels). Exhibiting gorgeous black fruits, spice-box, toast, licorice and roasted meat-like qualities on the nose, it is full-bodied, concentrated and layered on the palate, with loads of texture, yet delivers no weight, heat, or ever puts a foot wrong. Shockingly good in the vintage, it should not be missed. Hats off to Christophe and Isabelle. Drink now-2027.

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。