Loading...

Piemonte, ピエモンテ, イタリアワインの商品一覧

ピエモンテ

ピエモンテとは「山の麓」を意味し、アルプス山脈の南側に広がっている。フランスに隣接しているため、慣習、文化にはフランスの影響が色濃くみられる。トスカーナと並ぶ高級赤ワインの産地で、「ワインの王であり、王のワインである」と言われるバローロと、その弟分であるバルバレスコを有する。ピエモンテを代表するブドウ品種はネッビオーロ。伝統的な大樽による醸造方法が取られ、強い酸味と渋みを持ち、長期熟成型のワインが生み出されている。
近年では華やかな香りと豊かな果実味を持つ早飲み可能なモダンタイプのバローロも生まれるなど、多様化が進んでおり、「イタリアのシャブリ」と言われるガヴィはフレッシュな辛口で、最も人気がある。

イタリアをさらに絞り込む/イタリアの他の産地も見る

ピエモンテ ロンバルディア ヴェネト トスカーナ その他 イタリアの検索結果に戻る
検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • 【送料無料】高級銘醸イタリア産地!豪華飲み比べ3本セット

      • 14,980

      • 税込16,478

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      ジャコモ・フェノッキオ
      生産地

      ● バローロ ブッシア 2013年 ジャコモ・フェノッキオ バローロ地区の中でも最高のグラン・クリュの一つといわれるモンテフォルテ・ディ・アルバ村のクリュ・ブッシア。標高500mの畑で最高樹齢80年の古木も含まれるネッビオーロ種100%。ステンレスタンクで自然酵母で約30日間醗酵。その後6ヶ月ステンレスタンクにて熟成。50hlのスロヴェニア産オーク樽で30ヶ月、その後12ヶ月の瓶熟成の計48ヶ月熟成。黒イチゴ、プラムの香り。良質なタンニンには包み込むような深みのある優美さがあり、果実味、酸味、タンニンの均衡がとれた中に厳格さを感じさせる。 ● バルバレスコ 2014年 ピオ・チェザーレ トレイゾに位置するイル・ブリッコとサン・ステファノの丘にある自社畑で収穫したネッビオーロを使用。フレンチオークのバリックで30ヶ月熟成。熟した果実やスパイス、深みがあり複雑さを感じる。優しさと強さを併せ持つクラシックなスタイル。熟成のポテンシャルも高いバルバレスコ。 ● レオナルド ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2011年 30〜32℃で発酵を始め、果皮などと一緒に15〜20日間行う。パンピングオーバーを実施。スロヴェニアンオークの大樽で最低でも2年、熟成させる。 色の濃さは中くらいからやや淡い。オレンジから茶色の熟成色を多く含み、明るさがある。清澄度は高く、澄んでいる。粘性はやや強く、脚はややしっかり出る。注いですぐは、やや閉じた印象。雨上がりの森を散策した時のような複雑なニュアンスがある。グラスを回すとマロラクティック発酵由来のカスタードクリームを思わせる香りや、ブラックオリーブのニュアンスがある。時間をおくと、甘い香りが立ちのぼり、チョコレートの印象やラムレーズンを思わせるところもある。アタックは柔らかく甘さが感じられる。穏やかで柔らかさを感じさせる酸の印象。タンニンはかなり多いが、非常にきめ細かい。じんわりとした旨みが続き、熟成による伸びやかな甘みがある。

    • Product Images
    • 【送料無料】ピオ・チェーザレ厳選3本セット

      • 15,000

      • 税込16,500

      0
      販売者
      アルカン
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      ピオ・チェーザレ
      生産地

      ピエモンテワインの草分け的存在!! ピオ・チェーザレ ピオ・チェーザレは1881年、チェーザレ・ピオ氏によって設立されました。彼は、バローロ、バルバレスコ、バルベーラをはじめとするピエモンテの偉大なワインのポテンシャルと品質に信念と確信をもってワイン生産をしていた草分け的存在です。アルバの中心地で5世代にわたりつづく家族経営のワイナリーで、バローロ、バルバレスコエリアの最良の区画に自社畑を所有しています。加えて、代々から信念を同じくする、契約農家からのブドウを使用してワイン造りを行っています。 ピエモンテの伝統を守り続けるだけでなく新しい技術も、追及する品質やスタイルを実現させるために、積極的に取り入れています。彼らの歴史と品質の高さは世界中のトップレストランやホテル、ワイン愛好家に知られています。 このワイナリーから厳選し、3本合わせて通常\15,700(税抜)のところ、\15,000(税抜)のお得なセットにしました。 【ガヴィ 2017】 コルテーゼ 100% 代々ピオ家専属の契約農家からのブドウを使用。ステンレスタンクで澱と一緒に低温にて発酵、3月のボトリングまでそのまま熟成。新鮮でクリーンな熟した果実の風味。スムースでシルキーな口あたり。アロマがあり、複雑さやリッチさも感じます。若いうちはもちろん、3年ほど待っても楽しむことができるワインです。 【バルベーラ・ダルバ 2016】 バルベーラ 100% セッラルンガ・ダルバの自社畑“オルナート”と“コロンバーロ”で収穫されるブドウと代々の契約農家からのブドウを使用。30%をミドルトーストのバリック、70%を20-50hlのカスクで18ヶ月熟成。(フレンチオーク使用)。バローロ地区に植えられたバルベーラからはしっかりとした質感と複雑さがうまれます。熟した果実の アロマ、スパイスやタバコ、トーストの風味。 【バローロ 2104】 ネッビオーロ 100% 4つの自社畑とピオ家代々の契約農家からのブドウを使用。70%を20-50hlのカスク、30%をバリックで36ヶ月 熟成(ミドルトーストのフレンチオーク使用)。クラシックなスタイルのバローロ。すばらしいストラクチャーとハーモニーを感じます。バランスのとれた果実味、タンニンは柔らかで、親しみやすい印象ですが、熟成のポテンシャルも高い1本。

    • Product Images
    • ガイア バルバレスコ 2015年 アンジェロ・ガヤ

      • 15,980

      • 税込17,578

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ガヤ
      生産地

      ガイアでは、すでに卓越したワイン産地として名声のあるトスカーナで国際葡萄品種を育成し、それをブレンドすることでガイアの個性をより引き出すワイン生産を計画しています。1994年にはトスカーナのモンタルチーノのワイナリー、ピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータを、1996年には同じくトスカーナのマレンマ北部にカ・マルカンダを獲得しました。トスカーナ・プロジェクトは、ガイアのワインにいっそう奥行きを与えることでしょう。 ガイアのバルバレスコは、バルバレスコ村とトレイゾ村にある14の自社畑で栽培されたブドウで造られています。延面積53エーカーの畑は、1933年に境界が定められた歴史的に有名なバルバレスコ地区内に位置しています。畑の標高は750-950フィートです。 ネッビオーロは、それぞれの畑にはっきりとした個性や特徴を与え、見た目では小さな変化であっても非常に影響を受けやすい品種です。違った特徴をもつ14の畑から収穫されるネッビオーロを混ぜ合わせることによって、完成されたバランスのよいワイン―引き締まったタンニンと程よい酸味に支えられた、素晴らしい果実味あふれる真のバルバレスコ―が産み出されます。 深紅のヴェルヴェットのような色調。ザクロやコケモモなどベリー系の香りに茸やヨード香と黒百合の芳香が魅力的。パワフルでアグレッシブな酸味がネッビオーロの王者としての風格を堪能させてくれます。 ガイア バルバレスコ 2015年 アンジェロ・ガヤ ガヤが造る唯一のバルバレスコ。14もの畑を別々に醸し、緻密にブレンドして造られており、アンジェロ氏いわく「伝統的でもなく、モダンでもない、完全なるガヤスタイル」。バラやスミレ、トリュフなどの美しく華やかな香りに引き締まった酸を感じます。ガヤがワイナリーのフラッグシップはこれだけであるとし、今日の世界的地位を確立したワインは、ネッビオーロの美しさと帝王の品格を完璧に体現しています。 ガイアのバルバレスコは、バルバレスコ村とトレイゾ村にある14の自社畑で栽培されたブドウで造られています。延面積53エーカーの畑は、1933年に境界が定められた歴史的に有名なバルバレスコ地区内に位置しています。畑の標高は750-950フィートです。 ガイア・バルバレスコはその年毎に特徴を持っています。特に素晴らしいヴィンテージのワインは、30年以上も熟成が可能です。 ネッビオーロは、それぞれの畑にはっきりとした個性や特徴を与え、見た目では小さな変化であっても非常に影響を受けやすい品種です。違った特徴をもつ14の畑から収穫されるネッビオーロを混ぜ合わせることによって、完成されたバランスのよいワイン―引き締まったタンニンと程よい酸味に支えられた、素晴らしい果実味あふれる真のバルバレスコ―が産み出されます。 森の果物のアロマと、リコリス、ミネラル、コーヒーのかすかな香りで、複雑かつ官能的。凝縮されたストラクチャーと、熟しきった果実の豊かな香り。繊細でシルクのようなタンニンの味わいの、長くて複雑な後味。それぞれの畑特有の伝統的なキャラクターと、微細な点にまでこだわるワイン造りのスタイルが完璧に組み合わさっています。

    • Product Images
    • ランゲ メルロー ピッソータ 2010年 ロベルト・ヴォエルツィオ

      • 19,980

      • 税込21,978

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      ロベルト・ヴォエルツィオ
      生産地

      ロベルト・ヴォエルツィオは、バローロで名高いピエモンテ州ランゲ地方のラ・モッラに1986年に創業されました。そのいくつかの畑の歴史は、町の記録に残る1250年まで遡ることができます。 畑は、当初わずか2haしかありませんでしたが、その後何年にも渡り、ラ・セッラ、ブルナーテ、チェレクイーオ、サルマッサ、ロッケ・デル・アヌンツィアータ、フォサッティなどの歴史的にも、名声を得ているクリュ(畑の中の一区画)と、ドルチェット、バルベーラ、メルローなどを栽培する素晴らしい畑を取得してきました。現在、ブドウ畑には1ha当たり6000〜8000本の樹を植え、最も名高いバローロワインに使用するブドウは1本の樹からわずか500〜700gという低収量の栽培を行っています。 セラーでは常に伝統的な手法を採用しています。醸造からボトリングまで、どの段階においてもシンプルに、干渉することなく、それぞれの畑のテロワールの多様性がワインに反映されることを第一に考えています。そのためワインの生産量は限られ、約20haの畑から、その年の天候と収穫状況にもよりますが、年間約4万本〜6万本のワインを生産しています。ブドウの品質がそのままダイレクトにワインの品質に反映されるワイン造りが、ヴォエルツィオの特長なのです。 ランゲ メルロー ピッソータ 2010年 ロベルト・ヴォエルツィオ エレガントなバローロで名高いラ・モッラ村のメルロー100%。1本の木から厳選した500gの果実だけを使用。フレンチオークの小樽(新樽30%と使用済み70%)で約15ヶ月、ステンレスタンクで5ヶ月、瓶で24ヶ月熟成。 輝きと深みのあるルビー色。豊かな果実味に溢れています。滑らかでまろやかな心地よい伸びのある酸と、しっかりとしたタンニンがバランスよく感じられ、長い余韻を楽しめます。

    • Product Images
    • バローロ ファッレット・ディ・セッラルンガ・ダルバ 2012年

      • 22,980

      • 税込25,278

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      1996
      生産者
      アズィエンダ・アグリコラ・ファッレット・ディ・ブルーノ・ジャコーザ
      生産地

      ピエモンテ・ランゲ地区で3世代にわたりワインに携わってきたブルーノ・ジャコーザ。現オーナーであるブルーノ・ジャコーザ氏の祖父にあたる、故カルロ・ジャコーザ氏が醸造と自社瓶詰めを開始。その後、父親の代では第二次世界大戦中であったため、経済的にボトルワインの市場がなく主に量り売りをしていました。三代目となるブルーノ氏は1929年生まれで、13歳から祖父のカルロ氏の指導の下でワイン造りに携わり始めました。その後、自分の名前を冠したブランド「ブルーノ・ジャコーザ」を1961年にファースト・ヴィンテージとしてリリースしました。今では半世紀以上に渡りワイン造りへその人生を捧げ、ランゲ地区の畑については誰よりも知り尽くしていると言っても過言ではありません。畑と醸造におけるピエモンテの伝統に敬意を払い、単純にして明瞭な哲学の下に造られるワインは一貫したスタイルを持っています。確固たるスタイルを持ったワインは世代を超えて、時に「バローロのロマネ・コンティ」と称賛され、世界中からイタリアを代表する偉大なワイナリーとして認知されています。 「今日は素晴らしく、明日は驚くほどにうっとりするワイン」 ※ 明日というのは熟成の時を経てという意味です。 昔から変わらない伝統のスタイルを貫いており、特にバルバレスコの造り手としては最高峰となります。ブルーノ・ジャコーザ氏のワインは繊細でいながら、深くフィネスのあるワインです。さらに熟成を経ることにより厚みが増し、壮大なるスケールをみせるイタリア屈指の品質を誇るワイン言えます。近年、もてはやされたピエモンテ州のモダンなスタイルのワインは、凝縮度や色素濃度が高く、ややもするとテロワールやブドウの個性がマスキングされたものも散見されます。このような時代の流行り廃りにも左右されることなく常に高い評価を受け続けているのは、ワインの中に何か訴えかけるもの「フィネス(Fines)」が存在しているからと言えます。半世紀以上にも渡る長い年月の中で、常に一目置かれる偉大な存在であり続けるブルーノ・ジャコーザ。真に巨匠と呼ぶに相応しい偉人が生み出す、唯一無二の特別な味わいをご堪能ください。 イタリアの偉大なワイン生産者といえるブルーノ・ジャコーザ。時に「バローロのロマネ・コンティ」、「伝説的な人物」など、イタリア国内だけではなく、世界中から最高の賛辞をもって称されています。また、近年、ブルーノ・ジャコーザが、「コッリーナ・リオンダ(Collina Rionda)」というバローロの赤ラベルの1989年ヴィンテージで、ワイン・アドヴォケイトにて100点を獲得しました。イタリアワインでは、レディガフィ、サッシカイアに並ぶ、僅か3本目の快挙です。 バローロ ファッレット・ディ・セッラルンガ・ダルバ 2012年 ブルーノ・ジャコーザ セッラルンガ村のクリュ畑、ファレットはいくつかの区画に分かれており、標高は約300mに位置しています。石灰質粘土、砂岩、砂を含む土壌から構成されています。ブルーノ・ジャコーザ氏が認めた素晴らしいヴィンテージにはこの畑の中でも標高の高い一部の区画からレ・ロッケ・デル・ファレット・リゼルヴァが造られます。ブルーノ・ジャコーザ氏が認めた年しかリリースされないこのワインは、2000年ヴィンテージがワインスペクテイター誌でバローロのロマネ・コンティであると称され100点満点。世界のワインコレクターが血眼になって探す貴重なワインになっています。 8月は猛暑でしたが終わりの三日間に降雨があり、ブドウの実が膨張して皮が薄くなりました。そのあとは良い天候が続き、例年通りの収穫となりました。夏の暑さも影響し、早めから飲める柔らかいスタイルのワインとなっています。フレッシュ感あふれ心地よいミネラル感と酸味、バランスの良い骨格、熟したタンニンと共に余韻が長く続きます。香りはまだ閉じ気味ですが、全体のバランスが非常に優れたヴィンテージといえます。

    • Product Images
    • エリオ・アルターレ バローロ・ウノ・ペル・ウノ [2013]750ml/Elio Altare

      • 38,000

      • 税込41,800

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      エリオ・アルターレ
      生産地

      エリオ・アルターレはバローロの有名銘柄としてステイタスを確立している生産者です。 このウノ・ペル・ウノは、代表的な畑のラ・モッラ村のアルボリーナの畑の一部で実験的に作られる、 年産僅か1,500本程度の超稀少品。 以下、正規輸入代理店公式サイトより。 バローロの革命児とも評されるエリオ・アルターレ。 現在は娘のシルヴィアと日本人 CHO TESU さんも加わり、エリオを中心に更に純度をめている。 実験的に機械除梗ではなく、人間の手作業で1粒1粒除梗した「ウノペルウノ」が造られている。 機械では葡萄を痛めることや腐敗果が混入することもあるが1粒も見逃さず、完璧な葡萄を使用すると いう日本人的発想から造られた。『ウノペルウノはテスの考案。腐敗果は 1 粒も混入しないが、 機械と違い手作業は時間がかかるので酸化との戦いになる』

    • Product Images
    • バローロ リゼルヴァ 10anni フォッサーティ・カーゼ・ネーレ 2007年

      • 39,980

      • 税込43,978

      0
      販売者
      うきうきワインの玉手箱
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2007
      生産者
      ロベルト・ヴォエルツィオ
      生産地

      ロベルト・ヴォエルツィオは、バローロで名高いピエモンテ州ランゲ地方のラ・モッラに1986年に創業されました。そのいくつかの畑の歴史は、町の記録に残る1250年まで遡ることができます。 畑は、当初わずか2haしかありませんでしたが、その後何年にも渡り、ラ・セッラ、ブルナーテ、チェレクイーオ、サルマッサ、ロッケ・デル・アヌンツィアータ、フォサッティなどの歴史的にも、名声を得ているクリュ(畑の中の一区画)と、ドルチェット、バルベーラ、メルローなどを栽培する素晴らしい畑を取得してきました。現在、ブドウ畑には1ha当たり6000本から8000本の樹を植え、最も名高いバローロワインに使用するブドウは1本の樹からわずか500gから700gという低収量の栽培を行っています。 セラーでは常に伝統的な手法を採用しています。醸造からボトリングまで、どの段階においてもシンプルに、干渉することなく、それぞれの畑のテロワールの多様性がワインに反映されることを第一に考えています。そのためワインの生産量は限られ、約20haの畑から、その年の天候と収穫状況にもよりますが、年間約4万本?6万本のワインを生産しています。ブドウの品質がそのままダイレクトにワインの品質に反映されるワイン造りが、ヴォエルツィオの特長なのです。 バローロ リゼルヴァ 10anni フォッサーティ・カーゼ・ネーレ 2007年 ロベルト・ヴォエルツィオ 10年と言う時間を経て初めてリリースする希少ワイン。非常にフルーティーな香りでフルボディでありながら絹の様なタンニンが感じられ、ヴォエルツィオのスタイルを存分に表現できていると言えます。2007年の収穫年の素晴らしさが凝縮されています。生産者は自信を持って99点から100点と言えるワインです。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。