Loading...

LOGO

ログイン

新規会員登録

検索条件

abc
 並べ替え
Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Champagne

ヴィンテージ

2009

生産者

CLAUDE CAZALS

ル・メニル・シュル・オジェ村で、女性当主デルフィーヌが率いるクロード・カザルス。彼女は有名なレコルタン、フランク・バンヴィルの奥さんでもあり、夫婦で素晴らしいシャンパーニュを造っている。”ラ・シャペル デュ・クロ”は、その名の通り、1960年に植樹した、教会の横の3つの区画のシャルドネで仕込むブラン・ド・ブラン。クロの中でも若干標高が高いので、ドザージュはクロ・カザルスよりも若干多い6g/L。しかしながら、味わいは酸とミネラルが全体を引き締めるしっかりとドライな印象。ラベルの紋章は、敷地内に建てられた祠のドアの飾り取手。

CLAUDE CAZALS LA CHAPELLE DU CLOS GRAND CRU (1500ML) 2009

ル・メニル・シュル・オジェ村で、女性当主デルフィーヌが率いるクロード・カザルス。彼女は有名なレコルタン、フランク・バンヴィルの奥さんでもあり、夫婦で素晴らしいシャンパーニュを造っている。”ラ・シャペル デュ・クロ”は、その名の通り、1960年に植樹した、教会の横の3つの区画のシャルドネで仕込むブラン・ド・ブラン。クロの中でも若干標高が高いので、ドザージュはクロ・カザルスよりも若干多い6g/L。しかしながら、味わいは酸とミネラルが全体を引き締めるしっかりとドライな印象。ラベルの紋章は、敷地内に建てられた祠のドアの飾り取手。

タイプChampagne

ヴィンテージ2009

フランス

生産者CLAUDE CAZALS

Icon Favorite

お気に入り

29,800
(32,184円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2006

モレ・サン・ドニ村にあるドメーヌ・マニャン。有機的かつテロワールに合った栽培を行い、熟成にはフランソワ・フレールのDRC仕様を用いるなど、挑戦的なワイン造りで評価を上げている。息子フレデリックのネゴシアンも有名だが、このワインは父ミシェルのラベルでリリースされる自社畑のドメーヌもの。ジュヴレの特級の中でもひと際チャーミングでエレガントな仕上がりのシャルム・シャンベルタンは、繊細かつ濃厚な赤いベリー系の果実味が感じられ、土やトリュフ、森の下草などの香りも加わる。ミネラル感あふれる余韻はとても長く、心地よいフィニッシュへと続いていく。

CHARMES CHAMBERTIN GRAND CRU 2006 DOMAINE MICHEL MAGNIEN

モレ・サン・ドニ村にあるドメーヌ・マニャン。有機的かつテロワールに合った栽培を行い、熟成にはフランソワ・フレールのDRC仕様を用いるなど、挑戦的なワイン造りで評価を上げている。息子フレデリックのネゴシアンも有名だが、このワインは父ミシェルのラベルでリリースされる自社畑のドメーヌもの。ジュヴレの特級の中でもひと際チャーミングでエレガントな仕上がりのシャルム・シャンベルタンは、繊細かつ濃厚な赤いベリー系の果実味が感じられ、土やトリュフ、森の下草などの香りも加わる。ミネラル感あふれる余韻はとても長く、心地よいフィニッシュへと続いていく。

タイプRed wine

ヴィンテージ2006

フランス

生産者DOMAINE MICHEL MAGNIEN

Icon Favorite

お気に入り

29,800
(32,184円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

ERMITAGE LE PAVILLON 2008 MAISON CHAPOUTIER

33,800円(36,504円 税込)

販売者 ラ・ヴィネ

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2008

ローヌ北部のタン・レルミタージュを本拠地として、トップクラスの評価を受ける蔵元メゾン・シャプティエ。栽培面では早くからビオディナミを実践し、最上の区画と醸造技術の結びついたワイン造りで極上品を生み出す。極上ののエルミタージュの中でも、斜面中腹のベッサールの区画に植わる最上の葡萄だけで仕込まれるのが、ル・パヴィヨン。濃縮した果実味とミネラル感が溶け合いつつ、上品に抑制されたキメ細やかな酒質に驚かされる。エルミタージュのラインナップの中でも、最もしなやかで女性的な仕上がり。

ERMITAGE LE PAVILLON 2008 MAISON CHAPOUTIER

ローヌ北部のタン・レルミタージュを本拠地として、トップクラスの評価を受ける蔵元メゾン・シャプティエ。栽培面では早くからビオディナミを実践し、最上の区画と醸造技術の結びついたワイン造りで極上品を生み出す。極上ののエルミタージュの中でも、斜面中腹のベッサールの区画に植わる最上の葡萄だけで仕込まれるのが、ル・パヴィヨン。濃縮した果実味とミネラル感が溶け合いつつ、上品に抑制されたキメ細やかな酒質に驚かされる。エルミタージュのラインナップの中でも、最もしなやかで女性的な仕上がり。

タイプRed wine

ヴィンテージ2008

フランス

生産者MAISON CHAPOUTIER

Icon Favorite

お気に入り

33,800
(36,504円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Champagne

ヴィンテージ

2008

1849年創業という歴史を持った家族経営のシャンパン・メーカー。古典的なシャンパン製法を守り、最高水準のシャンパンを造り出しています。また、イギリス王室御用達にも任命されており、ボトルにはそのマークが入っています。ポル・ロジェでは、ステンレスタンクでアルコール発酵後、すぐにマロラクティック発酵。木樽は一切使用していません。また伝統的なルミアージュを重視しており、4人の熟練した専門の職人をセラーに配置しています。現在元クリュッグで働いていたドミニク・プティがセラーマスターを勤めています。使用する葡萄に関してはエペルネの峡谷とコート・デ・ブランにあり約85ヘクタールで自家栽培するほか、長年信頼関係にある個人農園からも仕入れています。セラーは地中深く(約35m)2層にわかれ、全長7キロにも及び、9℃に保たれています。 これはシャンパーニュ地方では最も低温で深い位置にあるセラーのひとつで、これがポル・ロジェ社の特徴である、いつまでも残るきめ細やかな泡立ちの要因のひとつであることは疑う余地がありません。 1908年に初めてポル・ロジェ社のシャンパンを飲んで以来、チャーチル首相は生涯毎日ポル・ロジェのシャンパンを飲んでいたという逸話はとても有名。特に絶賛したのが1928年もののヴィンテージシャンパンでした。その出会いは1944年11月のノルマンディ上陸作戦の成功を祝う会でのこと。シャンパン愛飲家のチャーチル首相に、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年「1928年」に造られたシャンパンを、ポル・ロジェ社一族のひとりオデット夫人(創業者孫の妻)がすすめたのが始まり。それを飲んだチャーチル首相は「私の味覚は単純で、最高のものにはすぐに満足してしまう」と賞賛し、以来その味わいの虜になったといわれています。 ロイヤルワラントは、王室の紋章を表示することを許される英国王室御用達の証です。「ポル・ロジェ」は以前から英国との結びつきも強く、王室の行事などでも供されてきました。今回の王室御用達の指定は、「ポル・ロジェ」社がエリザベス女王に対し、連続5年以上にわたり、相当数のシャンパンを納入してきたことにより、その品質の高さから任命されたものです。任命されたメーカーは、その製品等に王家の紋章を表示することが認められ、「ポル・ロジェ」社においてもシャンパンのパッケ−ジやボトルにその紋章を冠することが可能となります。 ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム2008年 1965年にチャーチル首相が亡くなった後、親交の深かったポル・ロジェ社では彼への哀悼と敬意を込めてシャンパンボトルを黒く縁飾ることにしました。そして10年後、1975年に最高のキュヴェだけを選んで瓶詰めし、1984年「キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」と名付けてリリースしました。その味わいは、チャーチル首相がこよなく愛したコクがあって熟成感のある独特のスタイルです。最高級のキュヴェだけを使うため、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年にしか造られていません。 豪華な金色で繊細で一貫性のある泡が途切れなく続きます。最初に白い花と焼き立てのブリオッシュのアロマが広がります。グラスの中で温度が上がると、ドライフルーツ、焼いたアーモンド、ヘーゼルナッツがほのかなオレンジの皮と共に表れます。味わいはすぐに力強さを感じ、それでいて極めてバランスが良く、特にグレープフルーツが際立つ柑橘系のリフレッシュできる風味にクリーミーなパイ生地のお菓子が加わります。2008年のヴィンテージの芳醇さと、比類ないキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチルのスタイルが融合し、余韻長いフィニッシュまで楽しめます。長期熟成の可能性もあるワインです。

シャンパン ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム 2008年(箱入り・正規)

1849年創業という歴史を持った家族経営のシャンパン・メーカー。古典的なシャンパン製法を守り、最高水準のシャンパンを造り出しています。また、イギリス王室御用達にも任命されており、ボトルにはそのマークが入っています。ポル・ロジェでは、ステンレスタンクでアルコール発酵後、すぐにマロラクティック発酵。木樽は一切使用していません。また伝統的なルミアージュを重視しており、4人の熟練した専門の職人をセラーに配置しています。現在元クリュッグで働いていたドミニク・プティがセラーマスターを勤めています。使用する葡萄に関してはエペルネの峡谷とコート・デ・ブランにあり約85ヘクタールで自家栽培するほか、長年信頼関係にある個人農園からも仕入れています。セラーは地中深く(約35m)2層にわかれ、全長7キロにも及び、9℃に保たれています。 これはシャンパーニュ地方では最も低温で深い位置にあるセラーのひとつで、これがポル・ロジェ社の特徴である、いつまでも残るきめ細やかな泡立ちの要因のひとつであることは疑う余地がありません。 1908年に初めてポル・ロジェ社のシャンパンを飲んで以来、チャーチル首相は生涯毎日ポル・ロジェのシャンパンを飲んでいたという逸話はとても有名。特に絶賛したのが1928年もののヴィンテージシャンパンでした。その出会いは1944年11月のノルマンディ上陸作戦の成功を祝う会でのこと。シャンパン愛飲家のチャーチル首相に、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年「1928年」に造られたシャンパンを、ポル・ロジェ社一族のひとりオデット夫人(創業者孫の妻)がすすめたのが始まり。それを飲んだチャーチル首相は「私の味覚は単純で、最高のものにはすぐに満足してしまう」と賞賛し、以来その味わいの虜になったといわれています。 ロイヤルワラントは、王室の紋章を表示することを許される英国王室御用達の証です。「ポル・ロジェ」は以前から英国との結びつきも強く、王室の行事などでも供されてきました。今回の王室御用達の指定は、「ポル・ロジェ」社がエリザベス女王に対し、連続5年以上にわたり、相当数のシャンパンを納入してきたことにより、その品質の高さから任命されたものです。任命されたメーカーは、その製品等に王家の紋章を表示することが認められ、「ポル・ロジェ」社においてもシャンパンのパッケ−ジやボトルにその紋章を冠することが可能となります。 ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル ブリュット ミレジム2008年 1965年にチャーチル首相が亡くなった後、親交の深かったポル・ロジェ社では彼への哀悼と敬意を込めてシャンパンボトルを黒く縁飾ることにしました。そして10年後、1975年に最高のキュヴェだけを選んで瓶詰めし、1984年「キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」と名付けてリリースしました。その味わいは、チャーチル首相がこよなく愛したコクがあって熟成感のある独特のスタイルです。最高級のキュヴェだけを使うため、一番良い畑の一番良いブドウで、最高のヴィンテージの年にしか造られていません。 豪華な金色で繊細で一貫性のある泡が途切れなく続きます。最初に白い花と焼き立てのブリオッシュのアロマが広がります。グラスの中で温度が上がると、ドライフルーツ、焼いたアーモンド、ヘーゼルナッツがほのかなオレンジの皮と共に表れます。味わいはすぐに力強さを感じ、それでいて極めてバランスが良く、特にグレープフルーツが際立つ柑橘系のリフレッシュできる風味にクリーミーなパイ生地のお菓子が加わります。2008年のヴィンテージの芳醇さと、比類ないキュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチルのスタイルが融合し、余韻長いフィニッシュまで楽しめます。長期熟成の可能性もあるワインです。

タイプChampagne

ヴィンテージ2008

フランス

生産者シャンパーニュ ポル・ロジェ

Icon Favorite

お気に入り

21,380
(23,090円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Champagne

ヴィンテージ

2008

シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

シャンパン ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年

シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

タイプChampagne

ヴィンテージ2008

フランス

生産者ジョゼフ・ペリエ

Icon Favorite

お気に入り

17,900
(19,332円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Champagne

ヴィンテージ

2006

1934年創業のシャンパーニュ・テタンジェ社は、経営するファミリーの名前を社名に掲げる今日では数少ない家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。長きに渡りテタンジェ・ファミリーが培ってきた伝統により実現した最高品質のシャンパーニュ。そして今もなお、より良い品質を目指し飽きなき欲求を続けているのは、ファミリーの名を今に残す同社の誇りなのです。 シャンパーニュ・テタンジェはシャルドネを主体とする洗練されたスタイルのシャンパン造りで定評があります。とくにプレステージ・キュヴェのコント・ド・シャンパーニュは、コート・デ・ブラン地区の厳選されたシャルドネのみから造られた最高級シャンパンです。 シャンパーニュ・テタンジェのスーパー・プレスティージュはコント・ド・シャンパーニュです。前社長クロード・テタンジェ氏が、シャルドネのグラン・クリュのみをブレンドして造るという、当時では画期的なシャンパーニュを1957年、世に出しました。従来のピノとシャルドネをブレンドしてメーカーの味わいを出し、ブレンドを重視してきた伝統に反したものでした。クロード・テタンジェ氏は、1920年代からの人々のライフスタイルの劇的な変化に初まり、ヌーベル・キュイジーヌの台頭と共にワインも力強さより、エレガントさや軽やかさが求められる事を敏感に感じ取っていたのです。 グラン・クリュ・シャルドネのみを使用することで、洗練性と近代性を結びつけたキュヴェとなったシャンパーニュは「まさに霊薬のようだ」と評されました。その名前はコント・ド・シャンパーニュと名付けられました。それはテタンジェ社に馴染みの深い有名なシャンパーニュ伯爵、チボー4世から冠しました。テタンジェ社のシンボル、又コント・ド・シャンパーニュにも使用されているマークは十字軍に向かう騎士、チボー4世の姿です。 コント・ド・シャンパーニュは歴史的にも非常に価値のある4世紀に建てられたサン・ニケーズ修道院の下のカーヴで熟成させられます。 中世のシャンパーニュ地方はヨーロッパ全体の公益の場所として、シャンパーニュ伯爵家に300年にわたり統治され、平和と繁栄をもたらしました。そのシャンパーニュ伯爵家の中でも最も有名なチボー4世、通称シャンソニエ(詩人)の逸話をご紹介します。この貴公子は「白い女王」と呼ばれたカスティリヤの女王に恋をします。この恋によって、その女王の夫であるフランス国王ルイ8世とその息子サン・ルイ王から憎しみを買い、彼は許しを請うため十字軍に出発します。しかし、十字軍から無事に帰還しても「白い女王」への恋心はおさまらず、チボー4世は女王の住むナヴール王国とシャンパーニュ地方の豊かな領地との間を往来して一生を終えます。 十字軍に出たシャンパーニュ伯爵チボー4世がフランスに持ち帰ったと言われているのが、シャルドネ種の祖先と薔薇の一品種であると言われています。また、シャンパーニュ地方にあったチボー4世の住まいはランスにあり、現在テタンジェ社が所有しています。 テタンジェ コント・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット ミレジム2006年 テタンジェ社の宝石と言われ、シャンパーニュ伯爵(チボーIV世)の名を与えられているシャンパーニュです。 コート・デ・ブラン地区(アヴィーズ、シュイィ、クラマン、メニル・シュール・オジェ、オジェ、ヴェルチュ、ベルジェール・レ・ヴェルチュ)のグランクリュに格付けされた素晴らしいブドウ畑のシャルドネ100%。フィネスを約束するキュヴェと呼ばれる一番搾りの果汁だけを使用。アサンブラージュされるワインの5%は、オークの新樽で熟成されます。ワインはカーブで最低でも7年以上熟成され、その間にゆっくりと開き、複雑さ、余韻の長さ、より良いバランスが醸されます。 淡い色、圧倒されるライムの花、オレンジピール、ミネラル、コリアンダーの葉のアロマ!最初の味わいはつらいと言っていいほど強烈で、その後は豊かでとびっきり濃縮されている。活力がある、オレンジの皮の裏やライム、ミントといった風味は重くなることなく、偉大な押しを示す。シャンパーニュにしては並外れて長い。

テタンジェ コント・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット ミレジム 2006年 マグナムサイズ

1934年創業のシャンパーニュ・テタンジェ社は、経営するファミリーの名前を社名に掲げる今日では数少ない家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。長きに渡りテタンジェ・ファミリーが培ってきた伝統により実現した最高品質のシャンパーニュ。そして今もなお、より良い品質を目指し飽きなき欲求を続けているのは、ファミリーの名を今に残す同社の誇りなのです。 シャンパーニュ・テタンジェはシャルドネを主体とする洗練されたスタイルのシャンパン造りで定評があります。とくにプレステージ・キュヴェのコント・ド・シャンパーニュは、コート・デ・ブラン地区の厳選されたシャルドネのみから造られた最高級シャンパンです。 シャンパーニュ・テタンジェのスーパー・プレスティージュはコント・ド・シャンパーニュです。前社長クロード・テタンジェ氏が、シャルドネのグラン・クリュのみをブレンドして造るという、当時では画期的なシャンパーニュを1957年、世に出しました。従来のピノとシャルドネをブレンドしてメーカーの味わいを出し、ブレンドを重視してきた伝統に反したものでした。クロード・テタンジェ氏は、1920年代からの人々のライフスタイルの劇的な変化に初まり、ヌーベル・キュイジーヌの台頭と共にワインも力強さより、エレガントさや軽やかさが求められる事を敏感に感じ取っていたのです。 グラン・クリュ・シャルドネのみを使用することで、洗練性と近代性を結びつけたキュヴェとなったシャンパーニュは「まさに霊薬のようだ」と評されました。その名前はコント・ド・シャンパーニュと名付けられました。それはテタンジェ社に馴染みの深い有名なシャンパーニュ伯爵、チボー4世から冠しました。テタンジェ社のシンボル、又コント・ド・シャンパーニュにも使用されているマークは十字軍に向かう騎士、チボー4世の姿です。 コント・ド・シャンパーニュは歴史的にも非常に価値のある4世紀に建てられたサン・ニケーズ修道院の下のカーヴで熟成させられます。 中世のシャンパーニュ地方はヨーロッパ全体の公益の場所として、シャンパーニュ伯爵家に300年にわたり統治され、平和と繁栄をもたらしました。そのシャンパーニュ伯爵家の中でも最も有名なチボー4世、通称シャンソニエ(詩人)の逸話をご紹介します。この貴公子は「白い女王」と呼ばれたカスティリヤの女王に恋をします。この恋によって、その女王の夫であるフランス国王ルイ8世とその息子サン・ルイ王から憎しみを買い、彼は許しを請うため十字軍に出発します。しかし、十字軍から無事に帰還しても「白い女王」への恋心はおさまらず、チボー4世は女王の住むナヴール王国とシャンパーニュ地方の豊かな領地との間を往来して一生を終えます。 十字軍に出たシャンパーニュ伯爵チボー4世がフランスに持ち帰ったと言われているのが、シャルドネ種の祖先と薔薇の一品種であると言われています。また、シャンパーニュ地方にあったチボー4世の住まいはランスにあり、現在テタンジェ社が所有しています。 テタンジェ コント・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット ミレジム2006年 テタンジェ社の宝石と言われ、シャンパーニュ伯爵(チボーIV世)の名を与えられているシャンパーニュです。 コート・デ・ブラン地区(アヴィーズ、シュイィ、クラマン、メニル・シュール・オジェ、オジェ、ヴェルチュ、ベルジェール・レ・ヴェルチュ)のグランクリュに格付けされた素晴らしいブドウ畑のシャルドネ100%。フィネスを約束するキュヴェと呼ばれる一番搾りの果汁だけを使用。アサンブラージュされるワインの5%は、オークの新樽で熟成されます。ワインはカーブで最低でも7年以上熟成され、その間にゆっくりと開き、複雑さ、余韻の長さ、より良いバランスが醸されます。 淡い色、圧倒されるライムの花、オレンジピール、ミネラル、コリアンダーの葉のアロマ!最初の味わいはつらいと言っていいほど強烈で、その後は豊かでとびっきり濃縮されている。活力がある、オレンジの皮の裏やライム、ミントといった風味は重くなることなく、偉大な押しを示す。シャンパーニュにしては並外れて長い。

タイプChampagne

ヴィンテージ2006

フランス

生産者テタンジェ

Icon Favorite

お気に入り

48,800
(52,704円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2007

ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大規模のグラン・クリュ(特級畑)を所有するブルゴーニュ屈指の造り手にまで成長を遂げています。 フィロキセラ害の窮地を乗り越え、1895年に白の傑作「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させた4代目当主の原動力は、困難や現状に甘んじることなく、斬新なアイディアと果敢な挑戦心で新しい活路を見出そうとする“革新の精神”でした。フランス革命直後という困難な時期に創業を迎え、屈することなく自社畑を広げていったことでもわかるように、「ルイ・ラトゥール」には、この革新の精神が当初より息づいています。そして歴代の当主たちはこの精神を継承し続けることこそが、よりよいワインを生み出し、「ルイ・ラトゥール」を世界屈指の造り手の座に導くと信じてやまなかったのです。 6代目当主が、ブルゴーニュ以外のアルデッシュ地方やヴァール地方でその土壌の優秀さを見抜き、ぶどうの苗木を植え、現在、高い評価を受けている「アルデッシュ・シャルドネ」や「ドメーヌ・ド・ヴァルモワシン・ピノ・ノワール」を成功させたのも、この革新の精神を実践したからに他なりません。さらに現7代目当主であるルイ・ファブリス・ラトゥールもこれにたがわず、伝統を頑なに守り続ける一方で、常に革新的な技術の追求に挑み、最新のワインづくりに取り組んでいます。 シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール

ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大規模のグラン・クリュ(特級畑)を所有するブルゴーニュ屈指の造り手にまで成長を遂げています。 フィロキセラ害の窮地を乗り越え、1895年に白の傑作「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させた4代目当主の原動力は、困難や現状に甘んじることなく、斬新なアイディアと果敢な挑戦心で新しい活路を見出そうとする“革新の精神”でした。フランス革命直後という困難な時期に創業を迎え、屈することなく自社畑を広げていったことでもわかるように、「ルイ・ラトゥール」には、この革新の精神が当初より息づいています。そして歴代の当主たちはこの精神を継承し続けることこそが、よりよいワインを生み出し、「ルイ・ラトゥール」を世界屈指の造り手の座に導くと信じてやまなかったのです。 6代目当主が、ブルゴーニュ以外のアルデッシュ地方やヴァール地方でその土壌の優秀さを見抜き、ぶどうの苗木を植え、現在、高い評価を受けている「アルデッシュ・シャルドネ」や「ドメーヌ・ド・ヴァルモワシン・ピノ・ノワール」を成功させたのも、この革新の精神を実践したからに他なりません。さらに現7代目当主であるルイ・ファブリス・ラトゥールもこれにたがわず、伝統を頑なに守り続ける一方で、常に革新的な技術の追求に挑み、最新のワインづくりに取り組んでいます。 シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

タイプRed wine

ヴィンテージ2007

フランス

生産者ドメーヌ・ルイ・ラトゥール

Icon Favorite

お気に入り

19,800
(21,384円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

Monte Bello

25,000円(27,000円 税込)

販売者 信濃屋ネットショップ

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2006

リッジの最高峰にして世界最高のカベルネ・ブレンドの一つ ヴィノス:95点+ ワインアドヴォケイト誌:94点+ ジェブ・ダナック氏:94点 ジェームズ・サックリング氏:93点 インターナショナルワインセラー誌:93点 以下、ワイナリー公式サイトより。 リッジのフラッグシップにして、世界最高のカベルネ・ブレンドのひとつ。冷涼な気候と石灰岩土壌に由来する生き生きした酸とミネラル風味が類まれな品格を産み出し、低収量に由来する強い凝縮感、果実味と渋味が堅牢な骨格を産み出す。カリフォルニア産のカベルネとしては例外的なほど酸味が強く、アルコール度数も低いために、極めてエレガントな仕上がり。それでいて数十年の熟成能力を持つ。天日乾燥させたアメリカンオーク樽の新樽で熟成。 山の中の本拠地 モンテベロとは、何よりも土地の個性を反映したワインである。サンタ・クルーズ山脈内の高地にあって、地下に破砕石灰岩とフランシスカン・ロックが横たわるこの土地からは、他に類のないワインが生まれる。この畑において収量を非常に低く抑えてやれば(エーカーあたり2トン以下)、大いなる意義、深み、複雑性、熟成能力を備えたワインを産み出すことができるのだと我々は信じている。ただしそれは、持続可能な方法での耕作をした場合に限られる。畑で人がでしゃばることは控えるようにする。もともとの生態系を生かし、保存するようにしてやるのだ。そのための技術が、カヴァークロップや総合防除(IPM)であり、ブドウ樹は守られながら育てられている。天然素材のものしか、ブドウ畑には持ち込まれない。モンテベロの畑は、現在有機栽培の認証プロセスの最中にある。 冷涼な微気候 モンテベロの畑は、太平洋から24キロしか離れておらず、カリフォルニアにおけるカベルネの産地としては最も冷涼な、サンタ・クルーズ・マウンテンズAVAの域内にある。我々のワイン造りとは、この特異な畑が自らワインを産み出すのを手助けすることであり、セラーの中で特定のスタイルへと誘導していくことではない。この目的を果たすために、自然かつローテク、人為的介入を避けたワイン造りの技術を組み合わせて使う。すべての品種、すべての区画を別個に仕込むこと。天然酵母だけを用いて、小型タンクで発酵させること。各々のロットを天日乾燥させたアメリカンオーク樽に移し、天然乳酸菌でのマロラクティック発酵を100%行うこと。その過程で何度となく、各々のロットを試飲し、個別に品質を鑑定する。この選別のプロセスこそが、モンテベロを産み出す上で決定的な役割を果たすのだ。モンテベロは、常に畑の個性を映すワインで、醸造家の気まぐれによって造られるものではない。 伝統的ボルドーブレンド モンテベロ赤はしばしば、アメリカの「一級シャトー」と呼ばれる。カベルネ・ソーヴィニョンが主体となる古典的なボルドー・ブレンドにおいて、この国における最高の存在だからだ。アッセンブリッジ(ブレンド)の過程において、テスト・サンプルを数限りなく試飲しながら、どれだけの量のメルロ、プティ・ヴェルド、カベルネ・フランが最終ブレンドに含めるかが決められる(品種によってはゼロの年もある)。すべての品種が、ワインの風味および骨格に貢献している。カベルネ・ソーヴィニョンは一般にカシス風味と強いタンニンを、メルロはプラムのような個性と柔らかみを少々、プティ・ヴェルドは濃い色と土臭さを、カベルネ・フランは香り高さとかすかなスパイス風味をそれぞれもたらしてくれる。 どのヴィンテージも同じではないのだが、モンテベロ赤はいかなる年でも一貫して並外れたワインであり、見事な骨格、複雑性、バランスを備えている。熟成能力についても、数十年にわたって優雅さと優しさを発展させていくことがよく知られているのだ。 特異なるカリフォルニアのブドウ畑 モンテベロの畑は、海抜400mから820mの高さにある。土壌も独特で、グリーンストーンと粘土の混じった土が、破砕石灰岩の上に載っているというものである。ナパやソノマといった、有名なカベルネの生産地域には石灰岩は存在していない。だが、モンテベロの土壌組成に独自かつ重要な影響を及ぼし、ひいてはワインの際立った個性にもつながっているのがこの石灰岩なのだ。標高の高さ、冷涼な気候、土壌の性質が組み合わさることによって、非の打ち所のないバランスを供え、長い期間の熟成を宿命とするワインが生まれる。その特徴はといえば、しっかり強い酸と、常に感じられるミネラル風味である。 初ヴィンテージは1959年 1959年、スタンフォード研究所で働く4人の研究員たちが、モンテベロ・リッジの頂上に土地を買った。もともとは、19世紀末に初めてブドウが植えられた土地だった。最初の数年、醸造責任者としてワイナリーを取り仕切っていたのはデイヴ・ベニオンである。それから三年間、少量とはいえ当時のカリフォルニアで屈指のワインを生産したのち、1962年に4人の共同経営者たちはワイナリーを再設立する。この年に初めて、リッジ・モンテベロが商業ベースで発売された。医師であったオセア・ペローネが1892年に建てた石造りのワイナリーを、4人は当時の所有者であったトレンタデュー家から買い取って、そこで醸造を行うようになった。そして1969年、ポール・ドレーパーがリッジに参画する。ドレーパーは翌年から赤ワインの生産を引き受け始め、1971年に醸造責任者に就任、その地位のまま現在に至っている。デイヴとフランのベニオン夫妻、ヒューとスーのクレイン夫妻、チャーリーとブランシュのローゼン夫妻、そしてハワード・ゼイドラーから成る創立者たちは、ベイエリアの素晴らしい眺めを楽しむ週末の趣味が、世界クラスのワイナリーへ育っていくとは夢にも考えていなかった。だが、地球上のひとかけら、紛れもないこの土地から生まれる際立ったワインのおかげで、その夢は実現したのである。

Monte Bello

リッジの最高峰にして世界最高のカベルネ・ブレンドの一つ ヴィノス:95点+ ワインアドヴォケイト誌:94点+ ジェブ・ダナック氏:94点 ジェームズ・サックリング氏:93点 インターナショナルワインセラー誌:93点 以下、ワイナリー公式サイトより。 リッジのフラッグシップにして、世界最高のカベルネ・ブレンドのひとつ。冷涼な気候と石灰岩土壌に由来する生き生きした酸とミネラル風味が類まれな品格を産み出し、低収量に由来する強い凝縮感、果実味と渋味が堅牢な骨格を産み出す。カリフォルニア産のカベルネとしては例外的なほど酸味が強く、アルコール度数も低いために、極めてエレガントな仕上がり。それでいて数十年の熟成能力を持つ。天日乾燥させたアメリカンオーク樽の新樽で熟成。 山の中の本拠地 モンテベロとは、何よりも土地の個性を反映したワインである。サンタ・クルーズ山脈内の高地にあって、地下に破砕石灰岩とフランシスカン・ロックが横たわるこの土地からは、他に類のないワインが生まれる。この畑において収量を非常に低く抑えてやれば(エーカーあたり2トン以下)、大いなる意義、深み、複雑性、熟成能力を備えたワインを産み出すことができるのだと我々は信じている。ただしそれは、持続可能な方法での耕作をした場合に限られる。畑で人がでしゃばることは控えるようにする。もともとの生態系を生かし、保存するようにしてやるのだ。そのための技術が、カヴァークロップや総合防除(IPM)であり、ブドウ樹は守られながら育てられている。天然素材のものしか、ブドウ畑には持ち込まれない。モンテベロの畑は、現在有機栽培の認証プロセスの最中にある。 冷涼な微気候 モンテベロの畑は、太平洋から24キロしか離れておらず、カリフォルニアにおけるカベルネの産地としては最も冷涼な、サンタ・クルーズ・マウンテンズAVAの域内にある。我々のワイン造りとは、この特異な畑が自らワインを産み出すのを手助けすることであり、セラーの中で特定のスタイルへと誘導していくことではない。この目的を果たすために、自然かつローテク、人為的介入を避けたワイン造りの技術を組み合わせて使う。すべての品種、すべての区画を別個に仕込むこと。天然酵母だけを用いて、小型タンクで発酵させること。各々のロットを天日乾燥させたアメリカンオーク樽に移し、天然乳酸菌でのマロラクティック発酵を100%行うこと。その過程で何度となく、各々のロットを試飲し、個別に品質を鑑定する。この選別のプロセスこそが、モンテベロを産み出す上で決定的な役割を果たすのだ。モンテベロは、常に畑の個性を映すワインで、醸造家の気まぐれによって造られるものではない。 伝統的ボルドーブレンド モンテベロ赤はしばしば、アメリカの「一級シャトー」と呼ばれる。カベルネ・ソーヴィニョンが主体となる古典的なボルドー・ブレンドにおいて、この国における最高の存在だからだ。アッセンブリッジ(ブレンド)の過程において、テスト・サンプルを数限りなく試飲しながら、どれだけの量のメルロ、プティ・ヴェルド、カベルネ・フランが最終ブレンドに含めるかが決められる(品種によってはゼロの年もある)。すべての品種が、ワインの風味および骨格に貢献している。カベルネ・ソーヴィニョンは一般にカシス風味と強いタンニンを、メルロはプラムのような個性と柔らかみを少々、プティ・ヴェルドは濃い色と土臭さを、カベルネ・フランは香り高さとかすかなスパイス風味をそれぞれもたらしてくれる。 どのヴィンテージも同じではないのだが、モンテベロ赤はいかなる年でも一貫して並外れたワインであり、見事な骨格、複雑性、バランスを備えている。熟成能力についても、数十年にわたって優雅さと優しさを発展させていくことがよく知られているのだ。 特異なるカリフォルニアのブドウ畑 モンテベロの畑は、海抜400mから820mの高さにある。土壌も独特で、グリーンストーンと粘土の混じった土が、破砕石灰岩の上に載っているというものである。ナパやソノマといった、有名なカベルネの生産地域には石灰岩は存在していない。だが、モンテベロの土壌組成に独自かつ重要な影響を及ぼし、ひいてはワインの際立った個性にもつながっているのがこの石灰岩なのだ。標高の高さ、冷涼な気候、土壌の性質が組み合わさることによって、非の打ち所のないバランスを供え、長い期間の熟成を宿命とするワインが生まれる。その特徴はといえば、しっかり強い酸と、常に感じられるミネラル風味である。 初ヴィンテージは1959年 1959年、スタンフォード研究所で働く4人の研究員たちが、モンテベロ・リッジの頂上に土地を買った。もともとは、19世紀末に初めてブドウが植えられた土地だった。最初の数年、醸造責任者としてワイナリーを取り仕切っていたのはデイヴ・ベニオンである。それから三年間、少量とはいえ当時のカリフォルニアで屈指のワインを生産したのち、1962年に4人の共同経営者たちはワイナリーを再設立する。この年に初めて、リッジ・モンテベロが商業ベースで発売された。医師であったオセア・ペローネが1892年に建てた石造りのワイナリーを、4人は当時の所有者であったトレンタデュー家から買い取って、そこで醸造を行うようになった。そして1969年、ポール・ドレーパーがリッジに参画する。ドレーパーは翌年から赤ワインの生産を引き受け始め、1971年に醸造責任者に就任、その地位のまま現在に至っている。デイヴとフランのベニオン夫妻、ヒューとスーのクレイン夫妻、チャーリーとブランシュのローゼン夫妻、そしてハワード・ゼイドラーから成る創立者たちは、ベイエリアの素晴らしい眺めを楽しむ週末の趣味が、世界クラスのワイナリーへ育っていくとは夢にも考えていなかった。だが、地球上のひとかけら、紛れもないこの土地から生まれる際立ったワインのおかげで、その夢は実現したのである。

タイプRed wine

ヴィンテージ2006

アメリカ

生産者リッジ・ヴィンヤーズ

Icon Favorite

お気に入り

25,000
(27,000円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2007

ヒュー・ジョンソン氏はポンテ・カネについて、ムートン・ロートシルトの隣人。長年低迷していたが昔からの固いタンニンが解消された。1990年代半ばからは、極めて満足のゆく出来。」と、ポケットワインブックの中で述べています。 ル・クラスマン誌は、『シャトーポンテ・カネは、一番ピュアに、そして一番実直にポイヤックを表現しているかもしれない。その燻した香り、もしくは、ハバナ産シガー(タイプとしては「ルシタニア」)にタールを混ぜたような香りは独特である。シャトー・ランシュ・バージュほどまろやかな厚みはないかもしれないが、高貴さで勝るポンテ・カネはシャトー・ピション・ロングヴィルの優雅さと独特の風情にまで達することもある。近年のヴィンテージは全て密度の高さとポテンシャルが傑出している。』と激賞し五大シャトーに次ぐダブルスター評価!! ロバート・パーカー氏は、「ここはメドックの偉大なシャトーの1つのポンテ=カネ。だんだん注目度が増してきており、オーナーのアルベール・テスロンも壁を打ち破った1994年のヴィンテージ以降、情け容赦ない選別処理を行うようになっている。」 シャトー・ポンテ・カネ 2007年 傑出したポテンシャルのポイヤック格付フルボディ赤ワイン。12年熟成飲み頃バックヴィンテージ2007年もの。

シャトー・ポンテ・カネ 2007年 メドック格付第5級

ヒュー・ジョンソン氏はポンテ・カネについて、ムートン・ロートシルトの隣人。長年低迷していたが昔からの固いタンニンが解消された。1990年代半ばからは、極めて満足のゆく出来。」と、ポケットワインブックの中で述べています。 ル・クラスマン誌は、『シャトーポンテ・カネは、一番ピュアに、そして一番実直にポイヤックを表現しているかもしれない。その燻した香り、もしくは、ハバナ産シガー(タイプとしては「ルシタニア」)にタールを混ぜたような香りは独特である。シャトー・ランシュ・バージュほどまろやかな厚みはないかもしれないが、高貴さで勝るポンテ・カネはシャトー・ピション・ロングヴィルの優雅さと独特の風情にまで達することもある。近年のヴィンテージは全て密度の高さとポテンシャルが傑出している。』と激賞し五大シャトーに次ぐダブルスター評価!! ロバート・パーカー氏は、「ここはメドックの偉大なシャトーの1つのポンテ=カネ。だんだん注目度が増してきており、オーナーのアルベール・テスロンも壁を打ち破った1994年のヴィンテージ以降、情け容赦ない選別処理を行うようになっている。」 シャトー・ポンテ・カネ 2007年 傑出したポテンシャルのポイヤック格付フルボディ赤ワイン。12年熟成飲み頃バックヴィンテージ2007年もの。

タイプRed wine

ヴィンテージ2007

フランス

生産者シャトー・ポンテ・カネ

Icon Favorite

お気に入り

11,500
(12,420円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

Château Margaux

80,000円(86,400円 税込)

販売者 信濃屋ネットショップ

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2008

ACマルゴー特級格付1級 2008年物のシャトー・マルゴーは、 ワインエンスージアスト誌:96点 ロバート・パーカー氏:94点 ジェームズ・サックリング氏:94点 ヴィノス誌:94点 インターナショナルワインセラー誌:93点 ワインスペクテーター誌:91点 2008年のセパージュ: カベルネ・ソーヴィニヨン 87% メルロー 10% カベルネ・フラン 1.5% プティ・ヴェルド 1.5%

Château Margaux

ACマルゴー特級格付1級 2008年物のシャトー・マルゴーは、 ワインエンスージアスト誌:96点 ロバート・パーカー氏:94点 ジェームズ・サックリング氏:94点 ヴィノス誌:94点 インターナショナルワインセラー誌:93点 ワインスペクテーター誌:91点 2008年のセパージュ: カベルネ・ソーヴィニヨン 87% メルロー 10% カベルネ・フラン 1.5% プティ・ヴェルド 1.5%

タイプRed wine

ヴィンテージ2008

フランス

生産者シャトー・マルゴー

Icon Favorite

お気に入り

80,000
(86,400円 税込)

20歳未満の方のアルコール類の購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。