Loading...

LOGO

ログイン

新規会員登録

検索条件

abc
 並べ替え
Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Champagne

ヴィンテージ

2008

シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

シャンパン ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年

シャンパーニュ・ジョセフ・ペリエは1825 年にシャンパーニュ地方のシャロン・シュル・マルヌ(現在のシャロン・アン・シャンパーニュ)にワイン商フランソワ・アレクサンドルの息子であったジョセフ・ペリエが設立。その品質の高さから偉大なシャンパーニュハウスとして名声を築き上げてきました。その後ジョセフ・ペリエ氏は市長も勤めました。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、御用達となったことから、「ロワイヤル」の名が与えられ、そのボトルには「キュヴェ・ロワイヤル」と記されています。チャールズ皇太子、エドワード皇太子のロイヤルウエディングの際はロイヤルラベルの600 本のマグナムボトルが販売されました。 現在5世代にわたって一族に引き継がれ、その伝統を守りつづけています。現在の当主はジャン・クロード・フルモン氏。エペルネに生まれ、フランス銀行顧問、ロータリーインターナショナルと商工会議所の会員であり、MEDEF の役員、ランスゴルフクラブの会長も務めています。自社畑はヴェルヌイユの丘陵地にピノ・ムニエの畑が12ha、オーヴィレールからマルヌ川にかけて9ha を計21ha の畑を所有しています。この畑のぶどうで全生産量の30%をまかなっています。その他は代々にわたって信頼関係を築いている栽培者が所有するコート・デ・ブランやヴィトリの30 のクリュのぶどうを購入しています。メゾンを見下ろす丘にあるカーブは、元は石切り場で、元は2000年以上前のローマ時代に掘られた洞窟で、全長3 キロメートル。温度と湿度は一定に保たれ、何百万ものボトルがラックにもしくはピュピートルに寝かされ、5-10年の間熟成され、出荷の時を待ちます。シェフ・ド・カーヴはデルファン家の3 代目Claude Dervin(クロード・デルファン)氏。 ジョセフ・ペリエについてヒュー・ジョンソン氏は「シャロン・アン・シャンパーニュに本拠を置く小さめの優良なシャンパン会社。マルヌ河流域に優れた畑を持つ。フルーティでしなやかなスタイル。1998年以降アラン・ティエノーAlain Thienotが共同所有者」として大注目。ル・クラスマン誌はボランジュやクリュッグに次ぐダブルスターの評価で「地味な社風のジョセフ・ペリエはキュミエール村、オーヴィレール村、ダムリィ村の優れた畑のピノ・ノワールとピノムニエを使い、実にまろやかなシャンパンを造っている。味にうるさい通を唸らせるような切り札をそろえているといってもいい。またどのワインも出荷前に酒蔵でじっくり寝かせられ、それが味にも貴重な効果をもたらしている」と絶賛! ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ジョセフィーヌ ブリュット ミレジム 2008年 約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。ボトルに印字された「キュヴェ・ロワイヤル」はその証。優れた品質を誇り、世界中で高く評価されています。中でも「キュヴェ・ジョセフィーヌ」は、〈ジョセフ・ペリエ〉随一の傑作キュヴェ。ブドウの出来がよい優良年にのみ、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを厳選して醸し、7年間熟成。深みとエレガントさ、そして美しい泡立ちを、ぜひご堪能ください。※シャルドネとピノ・ノワールから造られますが、その比率はヴィンテージにより異なります。

タイプChampagne

ヴィンテージ2008

フランス

生産者ジョゼフ・ペリエ

Icon Favorite

お気に入り

17,900
(19,332円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2014

ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。 ブドウはすべて手摘みです。まずブドウ畑の中で完熟した健全なものだけを選別し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運ばれます。収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワイン用のピノ・ノワールは90パーセント除梗し、破砕せずにステンレス製のチューブで木製の開放桶、あるいは自動櫂突き装置の付いたステンレスタンクへと送られます。天然酵母による、ほぼ30日間の醸し発酵から、ワインに最大限の抽出が行われます。この発酵の間、各発酵タンクでは1日に2回の櫂突きがなされます。 アルコール発酵の済んだワインはオークの小樽(228リットル)に移され、マロラクティック発酵が始まります。オーク樽による熟成はアペラシオンにより10〜20カ月。ルイ・ジャド社では毎年30パーセントの小樽を新品に変えています。瓶詰めに際しては一切の清澄をせず、ろ過も必要な場合に最小限施すにとどめ、ワインのありのままの姿を瓶の中に封じ込めているのです。 ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラヴォー・サン・ジャック 2014年 ドメーヌ・ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン村のプルミエ・クリュ・ラヴォー・サン・ジャックは南に広がる日当たりの良い畑で、かつて水路に使われていたラヴォーの有名な小さな谷の始めにあります。ジュヴレ・シャンベルタンのプルミエ・クリュのうち、最上クラスにランクされるひとつで、村の西よりの丘の南向き斜面にあります。理想的な長時間の日照を浴びますが、海抜が高くて涼しいためブドウの成熟が遅く、収穫は最後になります。 タンニンがしっかりした、力強く凝縮したワインです。 このドメーヌのような優秀な生産者の手にかかると、しばしばグラン・クリュ並みの水準に近づきます。 濃い美しい色合い。カシス、なめし皮、スパイスが混ざり合った印象があります。タンニンがしっかりした、力強く凝縮した味わいです。このワインの力強い風味には、充分にコクのある料理に合います。羊料理、ブフ・ブルギニョン、コック・オー・ヴァン、風味の強いチーズが合います。

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラヴォー・サン・ジャック 2014年 ドメーヌ・ルイ・ジャド

ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。 ブドウはすべて手摘みです。まずブドウ畑の中で完熟した健全なものだけを選別し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運ばれます。収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワイン用のピノ・ノワールは90パーセント除梗し、破砕せずにステンレス製のチューブで木製の開放桶、あるいは自動櫂突き装置の付いたステンレスタンクへと送られます。天然酵母による、ほぼ30日間の醸し発酵から、ワインに最大限の抽出が行われます。この発酵の間、各発酵タンクでは1日に2回の櫂突きがなされます。 アルコール発酵の済んだワインはオークの小樽(228リットル)に移され、マロラクティック発酵が始まります。オーク樽による熟成はアペラシオンにより10〜20カ月。ルイ・ジャド社では毎年30パーセントの小樽を新品に変えています。瓶詰めに際しては一切の清澄をせず、ろ過も必要な場合に最小限施すにとどめ、ワインのありのままの姿を瓶の中に封じ込めているのです。 ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラヴォー・サン・ジャック 2014年 ドメーヌ・ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン村のプルミエ・クリュ・ラヴォー・サン・ジャックは南に広がる日当たりの良い畑で、かつて水路に使われていたラヴォーの有名な小さな谷の始めにあります。ジュヴレ・シャンベルタンのプルミエ・クリュのうち、最上クラスにランクされるひとつで、村の西よりの丘の南向き斜面にあります。理想的な長時間の日照を浴びますが、海抜が高くて涼しいためブドウの成熟が遅く、収穫は最後になります。 タンニンがしっかりした、力強く凝縮したワインです。 このドメーヌのような優秀な生産者の手にかかると、しばしばグラン・クリュ並みの水準に近づきます。 濃い美しい色合い。カシス、なめし皮、スパイスが混ざり合った印象があります。タンニンがしっかりした、力強く凝縮した味わいです。このワインの力強い風味には、充分にコクのある料理に合います。羊料理、ブフ・ブルギニョン、コック・オー・ヴァン、風味の強いチーズが合います。

タイプRed wine

ヴィンテージ2014

フランス

生産者ルイ・ジャド

Icon Favorite

お気に入り

12,680
(13,694円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2007

ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大規模のグラン・クリュ(特級畑)を所有するブルゴーニュ屈指の造り手にまで成長を遂げています。 フィロキセラ害の窮地を乗り越え、1895年に白の傑作「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させた4代目当主の原動力は、困難や現状に甘んじることなく、斬新なアイディアと果敢な挑戦心で新しい活路を見出そうとする“革新の精神”でした。フランス革命直後という困難な時期に創業を迎え、屈することなく自社畑を広げていったことでもわかるように、「ルイ・ラトゥール」には、この革新の精神が当初より息づいています。そして歴代の当主たちはこの精神を継承し続けることこそが、よりよいワインを生み出し、「ルイ・ラトゥール」を世界屈指の造り手の座に導くと信じてやまなかったのです。 6代目当主が、ブルゴーニュ以外のアルデッシュ地方やヴァール地方でその土壌の優秀さを見抜き、ぶどうの苗木を植え、現在、高い評価を受けている「アルデッシュ・シャルドネ」や「ドメーヌ・ド・ヴァルモワシン・ピノ・ノワール」を成功させたのも、この革新の精神を実践したからに他なりません。さらに現7代目当主であるルイ・ファブリス・ラトゥールもこれにたがわず、伝統を頑なに守り続ける一方で、常に革新的な技術の追求に挑み、最新のワインづくりに取り組んでいます。 シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール

ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大規模のグラン・クリュ(特級畑)を所有するブルゴーニュ屈指の造り手にまで成長を遂げています。 フィロキセラ害の窮地を乗り越え、1895年に白の傑作「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させた4代目当主の原動力は、困難や現状に甘んじることなく、斬新なアイディアと果敢な挑戦心で新しい活路を見出そうとする“革新の精神”でした。フランス革命直後という困難な時期に創業を迎え、屈することなく自社畑を広げていったことでもわかるように、「ルイ・ラトゥール」には、この革新の精神が当初より息づいています。そして歴代の当主たちはこの精神を継承し続けることこそが、よりよいワインを生み出し、「ルイ・ラトゥール」を世界屈指の造り手の座に導くと信じてやまなかったのです。 6代目当主が、ブルゴーニュ以外のアルデッシュ地方やヴァール地方でその土壌の優秀さを見抜き、ぶどうの苗木を植え、現在、高い評価を受けている「アルデッシュ・シャルドネ」や「ドメーヌ・ド・ヴァルモワシン・ピノ・ノワール」を成功させたのも、この革新の精神を実践したからに他なりません。さらに現7代目当主であるルイ・ファブリス・ラトゥールもこれにたがわず、伝統を頑なに守り続ける一方で、常に革新的な技術の追求に挑み、最新のワインづくりに取り組んでいます。 シャンベルタン グラン・クリュ キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2007年 ドメーヌ・ルイ・ラトゥール キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

タイプRed wine

ヴィンテージ2007

フランス

生産者ドメーヌ・ルイ・ラトゥール

Icon Favorite

お気に入り

19,800
(21,384円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2016

ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。 ブドウはすべて手摘みです。まずブドウ畑の中で完熟した健全なものだけを選別し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運ばれます。収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワイン用のピノ・ノワールは90パーセント除梗し、破砕せずにステンレス製のチューブで木製の開放桶、あるいは自動櫂突き装置の付いたステンレスタンクへと送られます。天然酵母による、ほぼ30日間の醸し発酵から、ワインに最大限の抽出が行われます。この発酵の間、各発酵タンクでは1日に2回の櫂突きがなされます。 アルコール発酵の済んだワインはオークの小樽(228リットル)に移され、マロラクティック発酵が始まります。オーク樽による熟成はアペラシオンにより10〜20カ月。ルイ・ジャド社では毎年30パーセントの小樽を新品に変えています。瓶詰めに際しては一切の清澄をせず、ろ過も必要な場合に最小限施すにとどめ、ワインのありのままの姿を瓶の中に封じ込めているのです。 ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボーモン 2016年 ルイ・ジャド 世界最高峰のひとつドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティも所有するリシュブール特級やエシェゾーに囲まれたヴォーヌ・ロマネ村屈指の一級畑レ・ボーモン。香り豊かで優美さに勝ると言われるヴォーヌ・ロマネ村の一級。 スミレやサクランボのアロマに柔らかく溶け込んだタンニンと滑らかな果実味。上品な構成に優雅さ。高級ブルゴーニュの醍醐味を是非お楽しみ下さい。

ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボーモン 2016年 ルイ・ジャド

ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。 ブドウはすべて手摘みです。まずブドウ畑の中で完熟した健全なものだけを選別し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運ばれます。収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワイン用のピノ・ノワールは90パーセント除梗し、破砕せずにステンレス製のチューブで木製の開放桶、あるいは自動櫂突き装置の付いたステンレスタンクへと送られます。天然酵母による、ほぼ30日間の醸し発酵から、ワインに最大限の抽出が行われます。この発酵の間、各発酵タンクでは1日に2回の櫂突きがなされます。 アルコール発酵の済んだワインはオークの小樽(228リットル)に移され、マロラクティック発酵が始まります。オーク樽による熟成はアペラシオンにより10〜20カ月。ルイ・ジャド社では毎年30パーセントの小樽を新品に変えています。瓶詰めに際しては一切の清澄をせず、ろ過も必要な場合に最小限施すにとどめ、ワインのありのままの姿を瓶の中に封じ込めているのです。 ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボーモン 2016年 ルイ・ジャド 世界最高峰のひとつドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティも所有するリシュブール特級やエシェゾーに囲まれたヴォーヌ・ロマネ村屈指の一級畑レ・ボーモン。香り豊かで優美さに勝ると言われるヴォーヌ・ロマネ村の一級。 スミレやサクランボのアロマに柔らかく溶け込んだタンニンと滑らかな果実味。上品な構成に優雅さ。高級ブルゴーニュの醍醐味を是非お楽しみ下さい。

タイプRed wine

ヴィンテージ2016

フランス

生産者ルイ・ジャド

Icon Favorite

お気に入り

17,980
(19,418円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

Monte Bello Chardonnay

16,000円(17,280円 税込)

販売者 信濃屋ネットショップ

タイプ

White wine

ヴィンテージ

2013

優良年にのみ作られるリッジの白のフラッグシップ! ワインアドヴォケイト誌:95点 ヴィノス:95点 以下、ワイナリー公式サイトより。 優れた年にのみ生産される、モンテベロの自社畑産シャルドネのフラッグシップ。 冷涼な気候と石灰岩土壌から生まれた、ミネラル風味の凝縮した雄大なる辛口白。 山の中の本拠地 モンテベロとは、何よりも土地の個性を反映したワインである。サンタ・クルーズ山脈内の高地にあって、地下に破砕石灰岩とフランシスカン・ロックが横たわるこの土地からは、他に類のないワインが生まれる。この畑において収量を非常に低く抑えてやれば(エーカーあたり2トン以下)、大いなる意義、深み、複雑性、熟成能力を備えたワインを産み出すことができるのだと我々は信じている。ただしそれは、持続可能な方法での耕作をした場合に限られる。畑で人がでしゃばることは控えるようにする。もともとの生態系を生かし、保存するようにしてやるのだ。そのための技術が、カヴァークロップや総合防除(IPM)であり、ブドウ樹は守られながら育てられている。天然素材のものしか、ブドウ畑には持ち込まれない。モンテベロの畑は、現在有機栽培の認証プロセスの最中にある。 冷涼な微気候 モンテベロの畑は、太平洋から24キロしか離れておらず、カリフォルニアにおけるカベルネの産地としては最も冷涼な、サンタ・クルーズ・マウンテンズAVAの域内にある。我々のワイン造りとは、この特異な畑が自らワインを産み出すのを手助けすることであり、セラーの中で特定のスタイルへと誘導していくことではない。この目的を果たすために、自然かつローテク、人為的介入を避けたワイン造りの技術を組み合わせて使う。すべての品種、すべての区画を別個に仕込むこと。天然酵母だけを用いて、小型タンクで発酵させること。各々のロットを天日乾燥させたアメリカンオーク樽に移し、天然乳酸菌でのマロラクティック発酵を100%行うこと。その過程で何度となく、各々のロットを試飲し、個別に品質を鑑定する。この選別のプロセスこそが、モンテベロを産み出す上で決定的な役割を果たすのだ。モンテベロは、常に畑の個性を映すワインで、醸造家の気まぐれによって造られるものではない。 特異なるカリフォルニアのブドウ畑 モンテベロの畑は、海抜400mから820mの高さにある。土壌も独特で、グリーンストーンと粘土の混じった土が、破砕石灰岩の上に載っているというものである。ナパやソノマといった、有名なカベルネの生産地域には石灰岩は存在していない。だが、モンテベロの土壌組成に独自かつ重要な影響を及ぼし、ひいてはワインの際立った個性にもつながっているのがこの石灰岩なのだ。標高の高さ、冷涼な気候、土壌の性質が組み合わさることによって、非の打ち所のないバランスを供え、長い期間の熟成を宿命とするワインが生まれる。その特徴はといえば、しっかり強い酸と、常に感じられるミネラル風味である。 初ヴィンテージは1959年 1959年、スタンフォード研究所で働く4人の研究員たちが、モンテベロ・リッジの頂上に土地を買った。もともとは、19世紀末に初めてブドウが植えられた土地だった。最初の数年、醸造責任者としてワイナリーを取り仕切っていたのはデイヴ・ベニオンである。それから三年間、少量とはいえ当時のカリフォルニアで屈指のワインを生産したのち、1962年に4人の共同経営者たちはワイナリーを再設立する。この年に初めて、リッジ・モンテベロが商業ベースで発売された。医師であったオセア・ペローネが1892年に建てた石造りのワイナリーを、4人は当時の所有者であったトレンタデュー家から買い取って、そこで醸造を行うようになった。そして1969年、ポール・ドレーパーがリッジに参画する。ドレーパーは翌年から赤ワインの生産を引き受け始め、1971年に醸造責任者に就任、その地位のまま現在に至っている。デイヴとフランのベニオン夫妻、ヒューとスーのクレイン夫妻、チャーリーとブランシュのローゼン夫妻、そしてハワード・ゼイドラーから成る創立者たちは、ベイエリアの素晴らしい眺めを楽しむ週末の趣味が、世界クラスのワイナリーへ育っていくとは夢にも考えていなかった。だが、地球上のひとかけら、紛れもないこの土地から生まれる際立ったワインのおかげで、その夢は実現したのである。 少量生産される卓越したシャルドネ モンテベロの畑には、わずかな量だがシャルドネも植わっており、そこから二種類のワインが造られている。毎年生産されるエステート・シャルドネと、優れた年にのみ造られる白のフラッグシップ、モンテベロ・シャルドネである。リッジの造る白ワインはこのシャルドネのみで、全体生産量の数%を占めるにすぎないのだが、世界中で高い評価を受けている。モンテベロの冷涼な気候と石灰岩土壌――ブルゴーニュと同じ――を考えれば、ここで偉大なシャルドネが生まれないはずはない。事実、しっかりとした酸と強いミネラル風味をたたえたエレガントなスタイルなのだが、豊富な果実味とアメリカンオークの風味が、ブルゴーニュとは異なる喜びを与えてくれもする。リッジのシャルドネは若くから楽しむことができるが、数年の瓶熟成によって見事に花開く。

Monte Bello Chardonnay

優良年にのみ作られるリッジの白のフラッグシップ! ワインアドヴォケイト誌:95点 ヴィノス:95点 以下、ワイナリー公式サイトより。 優れた年にのみ生産される、モンテベロの自社畑産シャルドネのフラッグシップ。 冷涼な気候と石灰岩土壌から生まれた、ミネラル風味の凝縮した雄大なる辛口白。 山の中の本拠地 モンテベロとは、何よりも土地の個性を反映したワインである。サンタ・クルーズ山脈内の高地にあって、地下に破砕石灰岩とフランシスカン・ロックが横たわるこの土地からは、他に類のないワインが生まれる。この畑において収量を非常に低く抑えてやれば(エーカーあたり2トン以下)、大いなる意義、深み、複雑性、熟成能力を備えたワインを産み出すことができるのだと我々は信じている。ただしそれは、持続可能な方法での耕作をした場合に限られる。畑で人がでしゃばることは控えるようにする。もともとの生態系を生かし、保存するようにしてやるのだ。そのための技術が、カヴァークロップや総合防除(IPM)であり、ブドウ樹は守られながら育てられている。天然素材のものしか、ブドウ畑には持ち込まれない。モンテベロの畑は、現在有機栽培の認証プロセスの最中にある。 冷涼な微気候 モンテベロの畑は、太平洋から24キロしか離れておらず、カリフォルニアにおけるカベルネの産地としては最も冷涼な、サンタ・クルーズ・マウンテンズAVAの域内にある。我々のワイン造りとは、この特異な畑が自らワインを産み出すのを手助けすることであり、セラーの中で特定のスタイルへと誘導していくことではない。この目的を果たすために、自然かつローテク、人為的介入を避けたワイン造りの技術を組み合わせて使う。すべての品種、すべての区画を別個に仕込むこと。天然酵母だけを用いて、小型タンクで発酵させること。各々のロットを天日乾燥させたアメリカンオーク樽に移し、天然乳酸菌でのマロラクティック発酵を100%行うこと。その過程で何度となく、各々のロットを試飲し、個別に品質を鑑定する。この選別のプロセスこそが、モンテベロを産み出す上で決定的な役割を果たすのだ。モンテベロは、常に畑の個性を映すワインで、醸造家の気まぐれによって造られるものではない。 特異なるカリフォルニアのブドウ畑 モンテベロの畑は、海抜400mから820mの高さにある。土壌も独特で、グリーンストーンと粘土の混じった土が、破砕石灰岩の上に載っているというものである。ナパやソノマといった、有名なカベルネの生産地域には石灰岩は存在していない。だが、モンテベロの土壌組成に独自かつ重要な影響を及ぼし、ひいてはワインの際立った個性にもつながっているのがこの石灰岩なのだ。標高の高さ、冷涼な気候、土壌の性質が組み合わさることによって、非の打ち所のないバランスを供え、長い期間の熟成を宿命とするワインが生まれる。その特徴はといえば、しっかり強い酸と、常に感じられるミネラル風味である。 初ヴィンテージは1959年 1959年、スタンフォード研究所で働く4人の研究員たちが、モンテベロ・リッジの頂上に土地を買った。もともとは、19世紀末に初めてブドウが植えられた土地だった。最初の数年、醸造責任者としてワイナリーを取り仕切っていたのはデイヴ・ベニオンである。それから三年間、少量とはいえ当時のカリフォルニアで屈指のワインを生産したのち、1962年に4人の共同経営者たちはワイナリーを再設立する。この年に初めて、リッジ・モンテベロが商業ベースで発売された。医師であったオセア・ペローネが1892年に建てた石造りのワイナリーを、4人は当時の所有者であったトレンタデュー家から買い取って、そこで醸造を行うようになった。そして1969年、ポール・ドレーパーがリッジに参画する。ドレーパーは翌年から赤ワインの生産を引き受け始め、1971年に醸造責任者に就任、その地位のまま現在に至っている。デイヴとフランのベニオン夫妻、ヒューとスーのクレイン夫妻、チャーリーとブランシュのローゼン夫妻、そしてハワード・ゼイドラーから成る創立者たちは、ベイエリアの素晴らしい眺めを楽しむ週末の趣味が、世界クラスのワイナリーへ育っていくとは夢にも考えていなかった。だが、地球上のひとかけら、紛れもないこの土地から生まれる際立ったワインのおかげで、その夢は実現したのである。 少量生産される卓越したシャルドネ モンテベロの畑には、わずかな量だがシャルドネも植わっており、そこから二種類のワインが造られている。毎年生産されるエステート・シャルドネと、優れた年にのみ造られる白のフラッグシップ、モンテベロ・シャルドネである。リッジの造る白ワインはこのシャルドネのみで、全体生産量の数%を占めるにすぎないのだが、世界中で高い評価を受けている。モンテベロの冷涼な気候と石灰岩土壌――ブルゴーニュと同じ――を考えれば、ここで偉大なシャルドネが生まれないはずはない。事実、しっかりとした酸と強いミネラル風味をたたえたエレガントなスタイルなのだが、豊富な果実味とアメリカンオークの風味が、ブルゴーニュとは異なる喜びを与えてくれもする。リッジのシャルドネは若くから楽しむことができるが、数年の瓶熟成によって見事に花開く。

タイプWhite wine

ヴィンテージ2013

アメリカ

生産者リッジ・ヴィンヤーズ

Icon Favorite

お気に入り

16,000
(17,280円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

Cabernet Sauvignon Estate

12,000円(12,960円 税込)

販売者 信濃屋ネットショップ

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2013

カリカベ最高峰・モンテベロの畑で作られるもう一つの赤 ヴィノス:94点 ワインスペクテーター:92点 以下、ワイナリー公式サイトより。 モンテベロと同じ畑のブドウで、同じ情熱と手間をかけて造られた卓越した赤。 品格に富むスタイルで、早くから飲み頃を迎える。

Cabernet Sauvignon Estate

カリカベ最高峰・モンテベロの畑で作られるもう一つの赤 ヴィノス:94点 ワインスペクテーター:92点 以下、ワイナリー公式サイトより。 モンテベロと同じ畑のブドウで、同じ情熱と手間をかけて造られた卓越した赤。 品格に富むスタイルで、早くから飲み頃を迎える。

タイプRed wine

ヴィンテージ2013

アメリカ

生産者Ridge Vineyards

Icon Favorite

お気に入り

12,000
(12,960円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2013

厳しい評価で知られる、ル・クラスマン誌は、 サン・ジュリアン北部の最上の砂礫土壌にあるこのシャトーは、とりわけ著名なシャトー・ラトゥールと境を接し、特異なミクロ・クリマを共有する畑を含んでいる。主としてこの畑から造られる偉大なワインは、並の年でさえ、感動的な青黒い色調を帯びている。 そのブーケは複雑さにおいて全てのサン・ジュリアンをしのぎ、メドックのカベルネ・ソーヴィニヨンの中で最高に繊細なアロマを放つニュアンスのある高貴な味わいで、少なくともラトゥールと同じくらいはボディに骨格がある。 1970年代からクリュの出来は例外なく安定している。ミシェル・ドゥロンから息子のジャン・ユベールに引き継がれた時も、流れが変わることも、不安定になる事もワインのエレガントさが後退することも全くなかった。 ヒュー・ジョンソン氏は、 「レオヴィルを名乗る葡萄畑のうち最大区画。他をひるませるほどの高い評価を得ている。生真面目で力があり、様々な要素がうまく組み合わさった、エレガントなワイン。不滅の構造をもつ同じく傑出したクロ・デュ・マルキ」として最高の賞賛を残し★★★★四ツ星! ロバート・パーカー氏は、 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことの出来る格付けシャトーの1つだ。 一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン・ジュリアンではもっとも高価なワインだが、それでも価格は許容範囲にとどまっている。 投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることは滅多にないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンドワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 レオヴィル=ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。 ラトゥールに隣接する40haを超える主要なブドウ畑は、絵のように美しく、囲いがあって、このワインのラベルにも描かれている。 ここはボルドーでも最大級で、ワインの品質にかける入念さや熱心さでは、ここにひけをとらないシャトーはいくつかあるにしても、このシャトーを凌ぐものは皆無である。 サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル・ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタンニンが多く、よりスケールが大きく、凝縮味がより強く、言うまでもなく、長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。 伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまでは10〜15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。 ボルドー1855年の格付が見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズはデュクリュ=ボーカイユのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 2013年 カベルネ・ソーヴィニヨン74%、カベルネ・フラン14%)、メルロー12%。

シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 2013年 メドック格付第2級

厳しい評価で知られる、ル・クラスマン誌は、 サン・ジュリアン北部の最上の砂礫土壌にあるこのシャトーは、とりわけ著名なシャトー・ラトゥールと境を接し、特異なミクロ・クリマを共有する畑を含んでいる。主としてこの畑から造られる偉大なワインは、並の年でさえ、感動的な青黒い色調を帯びている。 そのブーケは複雑さにおいて全てのサン・ジュリアンをしのぎ、メドックのカベルネ・ソーヴィニヨンの中で最高に繊細なアロマを放つニュアンスのある高貴な味わいで、少なくともラトゥールと同じくらいはボディに骨格がある。 1970年代からクリュの出来は例外なく安定している。ミシェル・ドゥロンから息子のジャン・ユベールに引き継がれた時も、流れが変わることも、不安定になる事もワインのエレガントさが後退することも全くなかった。 ヒュー・ジョンソン氏は、 「レオヴィルを名乗る葡萄畑のうち最大区画。他をひるませるほどの高い評価を得ている。生真面目で力があり、様々な要素がうまく組み合わさった、エレガントなワイン。不滅の構造をもつ同じく傑出したクロ・デュ・マルキ」として最高の賞賛を残し★★★★四ツ星! ロバート・パーカー氏は、 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことの出来る格付けシャトーの1つだ。 一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン・ジュリアンではもっとも高価なワインだが、それでも価格は許容範囲にとどまっている。 投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることは滅多にないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンドワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 レオヴィル=ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。 ラトゥールに隣接する40haを超える主要なブドウ畑は、絵のように美しく、囲いがあって、このワインのラベルにも描かれている。 ここはボルドーでも最大級で、ワインの品質にかける入念さや熱心さでは、ここにひけをとらないシャトーはいくつかあるにしても、このシャトーを凌ぐものは皆無である。 サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル・ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタンニンが多く、よりスケールが大きく、凝縮味がより強く、言うまでもなく、長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。 伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまでは10〜15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。 ボルドー1855年の格付が見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズはデュクリュ=ボーカイユのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 2013年 カベルネ・ソーヴィニヨン74%、カベルネ・フラン14%)、メルロー12%。

タイプRed wine

ヴィンテージ2013

フランス

生産者シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ

Icon Favorite

お気に入り

18,900
(20,412円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2007

ヒュー・ジョンソン氏はポンテ・カネについて、ムートン・ロートシルトの隣人。長年低迷していたが昔からの固いタンニンが解消された。1990年代半ばからは、極めて満足のゆく出来。」と、ポケットワインブックの中で述べています。 ル・クラスマン誌は、『シャトーポンテ・カネは、一番ピュアに、そして一番実直にポイヤックを表現しているかもしれない。その燻した香り、もしくは、ハバナ産シガー(タイプとしては「ルシタニア」)にタールを混ぜたような香りは独特である。シャトー・ランシュ・バージュほどまろやかな厚みはないかもしれないが、高貴さで勝るポンテ・カネはシャトー・ピション・ロングヴィルの優雅さと独特の風情にまで達することもある。近年のヴィンテージは全て密度の高さとポテンシャルが傑出している。』と激賞し五大シャトーに次ぐダブルスター評価!! ロバート・パーカー氏は、「ここはメドックの偉大なシャトーの1つのポンテ=カネ。だんだん注目度が増してきており、オーナーのアルベール・テスロンも壁を打ち破った1994年のヴィンテージ以降、情け容赦ない選別処理を行うようになっている。」 シャトー・ポンテ・カネ 2007年 傑出したポテンシャルのポイヤック格付フルボディ赤ワイン。12年熟成飲み頃バックヴィンテージ2007年もの。

シャトー・ポンテ・カネ 2007年 メドック格付第5級

ヒュー・ジョンソン氏はポンテ・カネについて、ムートン・ロートシルトの隣人。長年低迷していたが昔からの固いタンニンが解消された。1990年代半ばからは、極めて満足のゆく出来。」と、ポケットワインブックの中で述べています。 ル・クラスマン誌は、『シャトーポンテ・カネは、一番ピュアに、そして一番実直にポイヤックを表現しているかもしれない。その燻した香り、もしくは、ハバナ産シガー(タイプとしては「ルシタニア」)にタールを混ぜたような香りは独特である。シャトー・ランシュ・バージュほどまろやかな厚みはないかもしれないが、高貴さで勝るポンテ・カネはシャトー・ピション・ロングヴィルの優雅さと独特の風情にまで達することもある。近年のヴィンテージは全て密度の高さとポテンシャルが傑出している。』と激賞し五大シャトーに次ぐダブルスター評価!! ロバート・パーカー氏は、「ここはメドックの偉大なシャトーの1つのポンテ=カネ。だんだん注目度が増してきており、オーナーのアルベール・テスロンも壁を打ち破った1994年のヴィンテージ以降、情け容赦ない選別処理を行うようになっている。」 シャトー・ポンテ・カネ 2007年 傑出したポテンシャルのポイヤック格付フルボディ赤ワイン。12年熟成飲み頃バックヴィンテージ2007年もの。

タイプRed wine

ヴィンテージ2007

フランス

生産者シャトー・ポンテ・カネ

Icon Favorite

お気に入り

11,500
(12,420円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

White wine

ヴィンテージ

2015

コート・ド・ニュイ/ニュイ・サンジョルジュ村/1級 ニュイサンジョルジュ最南端のミュニエのモノポール1級! 東京ドーム約2ケ分強という、ブルゴーニュとしては広大な9.76haの畑は、ミュニエの単独所有による1級畑。 2003年まで50年に渡りフェヴレイが借り受けていた為、フェヴレイの恩恵で知名度は高め。 他にも特級ミュジニィや1級レザムルーズといった高名な畑を持つミュニエの中でも看板となる畑です。 2005年に初めてリリースされた白は、面積0.6haのピノノワールに接ぎ木されたシャルドネ6,000株から生産される稀少品。 以下、インポーター公式サイトより。 樹齢25年のピノ・ノワールの根に、シャルドネの穂木を挿したもの。2005年が初ヴィンテージである。ニュイの白というと重いイメージをもつが、このワインはシトラスの香りとピュアな酸がボディをタイトに引き締めるタイプ。粘着度は控えめで、むしろミネラルが感じられる。

Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos de la Marechale Blanc ニュイ・サンジョルジュ 1級 クロ・ド・ラ・マレシャル 白

コート・ド・ニュイ/ニュイ・サンジョルジュ村/1級 ニュイサンジョルジュ最南端のミュニエのモノポール1級! 東京ドーム約2ケ分強という、ブルゴーニュとしては広大な9.76haの畑は、ミュニエの単独所有による1級畑。 2003年まで50年に渡りフェヴレイが借り受けていた為、フェヴレイの恩恵で知名度は高め。 他にも特級ミュジニィや1級レザムルーズといった高名な畑を持つミュニエの中でも看板となる畑です。 2005年に初めてリリースされた白は、面積0.6haのピノノワールに接ぎ木されたシャルドネ6,000株から生産される稀少品。 以下、インポーター公式サイトより。 樹齢25年のピノ・ノワールの根に、シャルドネの穂木を挿したもの。2005年が初ヴィンテージである。ニュイの白というと重いイメージをもつが、このワインはシトラスの香りとピュアな酸がボディをタイトに引き締めるタイプ。粘着度は控えめで、むしろミネラルが感じられる。

タイプWhite wine

ヴィンテージ2015

フランス

生産者ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエ

Icon Favorite

お気に入り

16,000
(17,280円 税込)

Product Images
Icon Favorite

お気に入り

タイプ

Red wine

ヴィンテージ

2015

コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ村/1級 ニュイサンジョルジュ最南端のミュニエのモノポール1級! 東京ドーム約2ケ分強という、ブルゴーニュとしては広大な9.76haの畑は、ミュニエの単独所有による1級畑。 2003年まで50年に渡りフェヴレイが借り受けていた為、フェヴレイの恩恵で知名度は高め。 他にも特級ミュジニィや1級レザムルーズといった高名な畑を持つミュニエの中でも看板となる畑です。 以下、インポーター公式サイトより。 1902年以来、ミュニエのモノポール。ただし、2003年まではフェヴレイに貸し出されていた。ミュニエの手に戻ってからワインのスタイルは大きく変わり、ニュイの南部クリマに見られるような武骨さはなく、しなやかでエレガントなワインとなっている。ラズベリーの果実香に、スミレのようなフローラルさが加わり、口中ではギスギスしたタンニンは感じられない。

Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos de la Marechale ニュイサンジョルジュ 1級 クロ・ド・ラ・マレシャル 赤

コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ村/1級 ニュイサンジョルジュ最南端のミュニエのモノポール1級! 東京ドーム約2ケ分強という、ブルゴーニュとしては広大な9.76haの畑は、ミュニエの単独所有による1級畑。 2003年まで50年に渡りフェヴレイが借り受けていた為、フェヴレイの恩恵で知名度は高め。 他にも特級ミュジニィや1級レザムルーズといった高名な畑を持つミュニエの中でも看板となる畑です。 以下、インポーター公式サイトより。 1902年以来、ミュニエのモノポール。ただし、2003年まではフェヴレイに貸し出されていた。ミュニエの手に戻ってからワインのスタイルは大きく変わり、ニュイの南部クリマに見られるような武骨さはなく、しなやかでエレガントなワインとなっている。ラズベリーの果実香に、スミレのようなフローラルさが加わり、口中ではギスギスしたタンニンは感じられない。

タイプRed wine

ヴィンテージ2015

フランス

生産者ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエ

Icon Favorite

お気に入り

16,000
(17,280円 税込)

20歳未満の方のアルコール類の購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。