Loading...

TERRADA WINE MARKET

アメリカ

ワイン生産量で世界第4位のアメリカの中で、国内生産量の約9割を占め、国内の約10,000を超えるワイナリーのほぼ半分が存在するのがカリフォルニア州である。大規模ワインメーカーが90%を占める一方、小規模ながら少量高品質のワイン造りを目指すブティック・ワイナリーが存在し、スクリーミング・イーグルやハーラン・エセステートなど、カルトワインと呼ばれる超高級ワインも生み出されている。主要品種はシャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルで、オレゴン州ではピノ・ノワールを中心に栽培されている。殆どの州でワインが造られており、ワイン生産量は拡大傾向、近年食文化が洗練されてきたことに伴い、ワインのスタイルもエレガントで複雑な味わいのものが増えている。

アメリカをさらに絞り込む/アメリカの他の産地も見る

カリフォルニア その他 アメリカの検索結果に戻る
検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • Lytton Springs

      • 8,000

      • 税込8,640

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      リッジ・ヴィンヤーズ
      生産地

      ドライ・クリーク・ヴァレーの自社畑、リットン・スプリングス コニサーズ・ガイド:95点 ヴィノス:94点 ジェブ・ダナック氏:92点 ワインスペクテーター:92点 以下、ワイナリー公式サイトより。 ドライ・クリーク・ヴァレーの自社畑 リットン・スプリングスのワインを、1972年に初めて仕込んだわずか3年後には、その安定した品質と個性から次のことが明らかになっていた。すなわちこの畑は、土壌、気候、ブドウ品種が完璧な組み合わせを見せている場所のひとつであると。だからこそ我々は、持続可能な耕作法の実践と、ワイナリー建築そのものの両面において、大地とブドウ樹への敬意を払うようにしている。畑に隣接するワイナリーは、地上に設けられたワインカーヴである。その外壁は、ブドウ畑で採取した粘土を、砂と藁と混ぜただけのシンプルな素材で出来ている。この外壁には、夜になると自動的に開くよろい窓が設けられており、冷たい夜の空気を中に入れる仕組みである。藁ブロックの建材は断熱性が高いため、理想的な温度が保たれるし、屋根に設けられた太陽熱パネルは電力を供給してくれる。環境への負荷を最小限にすることが、この特異なる土地の均衡と個性を保つための、唯一の方法だと信じているのである。 歴史的遺産としてのジンファンデルの古木 リットン・スプリングスの畑には、樹齢100年を超えるジンファンデルが植わっており、そこにはペティト・シラー、カリニャン、わずかにマタロ(ムールヴェドル)とグルナッシュも混植されている。30年以上にわたって、この畑での混植ブレンドが、ドライ・クリーク・ヴァレー産ジンファンデルの究極の逸品を産み出してきた。リットン・スプリングスの畑は、歴史的遺産としての古木を守ろうとするリッジ取り組みの象徴となっている。歴史的遺産としての古木とは、1世紀以上前に植えられ、数多の場所で現代まで生き残っているものを指す。こうしたブドウ樹の個性を尊ぶために、品種ごと、あるいは区画ごとに天然酵母で発酵を行い、マロラクティック発酵も天然乳酸菌で生起、卵白清澄も最低限に抑えている。 由緒正しきカリフォルニア品種 リットン・スプリングスは、最高のドライ・クリーク産ジンファンデルの同義語となった。熟れたボイゼンベリー、ブラックベリーの強い香りを放ちつつも、際立った野性味と土臭さが感じられるのだが、これはブレンドされている他品種――ペティト・シラーとカリニャンのためだと考えられている。酸とタンニンの両方が強いのだが、過度なわけでは決してない。少なくとも若いうちは、果実味が味わいの中心を占めているのだ。このバランスに秀でた力強いワインは、熟成によってより趣を増すようになり、十年以上の熟成に耐えるのが普通である。 ジンファンデルに理想的な場所 リットン・スプリングスの畑は、ドライ・クリーク・ヴァレーとアレキサンダー・ヴァレーを分かつ、ヒールズバーグの町のすぐ北に位置するテラス状台地となだらかな丘陵地に広がっている。そこから生まれるワインは、この土地がジンファンデルにとって理想的であることを証明してきた。朝は霧が立ち込めるが、午後になると太陽が出て気温が上がり、夕方遅くなるとそよ風が吹く。土壌は多様だが、主には砂利まじりの粘土質土壌。土中に水分がよく保たれ、おかげで果実がゆっくり熟することができる。テラス状台地に見られる風化した土壌は、農地としては痩せている。おかげで、そこに育つジンファンデルの樹のバランスと、生まれるワインのバランスが共に優れたものとなる。 リッジのワイン造りは1972年から 我々が今日リットン・スプリングスと呼ぶ畑は、かつてウィリアム・リットン大佐が所有していた土地の一部を成す。リットン大佐は、19世紀後半に温泉を掘り当て、畑のすぐ東にホテルを建てていた。サンフランシスコから列車に乗って人々がやってきては、湯治していたのである。ポール・ドレーパーが、この畑を最初に訪れたのが1972年のことで、高い樹齢(当時で既に80年以上)が気に入ってブドウを購入することになった。かくしてこの年、リッジによるリットン・スプリングスのワインが初めて仕込まれたのである。1991年、初ヴィンテージから20周年にあたるこの年に、リッジはリットン・スプリングス・ワイナリーと、その周囲の古木の畑を購入し、完全なる自社畑とした。

    • Product Images
    • Geyserville 50th vintage

      • 8,000

      • 税込8,640

      0
      販売者
      信濃屋ネットショップ
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      リッジ・ヴィンヤーズ
      生産地

      50周年を迎えたガイザーヴィル コニサーズ・ガイド:95点 ヴィノス:94点 ジェブ・ダナック氏:92点 以下、ワイナリー公式サイトより。 アレキサンダー・ヴァレーの自社畑 初ヴィンテージの1966年以来、ガイザーヴィルのワインは毎年毎年、他に類を見ないほど安定した個性を示してきた。土地の個性がなにより際立っているところに、持続可能な農法への取り組みが組み合わさった結果だと我々は考えている。持続可能な手法で土地に働きかけるとは、ブドウ畑全体の環境に配慮することであり、具体的には総合防除(IPM)、カヴァークロップ、堆肥の使用、手収穫などの技術があげられる。できる限り優しい方法でブドウを育てているからこそ、どの年にもこの畑が持つ特異で際立った個性を、ワインの中にもたらすことができるのである。 リッジが育てる最も樹齢の高いブドウ ガイザーヴィルの畑には、我々が育てるブドウの中で最も古い樹が植わっている。「オールド・パッチ」(古木の区画)と呼ばれる畑の一角であり、中には樹齢130年を超すものまである。古木の果実は、ワインに強烈な風味と複雑性をもたらしてくれるのだが、これは他のどんな方法でも真似ができないものだ。リッジでは醸造においても自然なアプローチを採ることで、この極めて古い樹の個性が正しく現れるようにしている。ワイン造りに際して化学薬品は用いないし、メンブラン濾過や殺菌処理も行わない。こうしたテクニックを使うと、ワインから色、風味が奪われ、口あたりが損なわれてしまうからだ。我々が採用するのは非工業的な醸造アプローチであり、天然酵母のみで発酵させることなどがそれにあたる。そのおかげで、ワインの強靭さ、複雑性、個性が保たれるのだ。 伝統的な畑でのブレンド ガイザーヴィルの畑では、伝統的な混植によって、ジンファンデルに他の補助品種が畑でブレンドされている。補助品種とは、カリニャン、ペティト・シラー、マタロ(ムールヴェドル)である。どの年もユニークで際立っていて、並外れてもいるのだが・・・・・・それでいて毎年共通の要素が見られる。たとえば真っ黒なブラックチェリー、熟れたプラム、芳醇なチェリー、杉の風味などがそうだ。ガイザーヴィルとは、目を見張るほど品質の安定したエレガントなワインであり、風味が何層にも折り重なっている。特有の風味は、カリニャンのブレンド比率が比較的高いためのようだ。リッジが造るほとんどのジンファンデルにブレンドされるペティト・シラーも含まれるが、カリニャンのほうが多い。ガイザーヴィルは、リッジが造るワインの中でも一番長寿なもののひとつで、10年以上の熟成を経ても美しい姿を見せるのが普通である。 完璧な場所 日中の気温は高い場所で、これは果実の成熟にとって理想的なのだが、よく夕方に吹くそよ風と時折畑を覆う朝霧が、ブドウ樹に休息を与えてくれてもいる。表土は深さのある砂利まじりのローム土壌で、河川由来の大きな石が含まれている。大昔には、この場所を川が流れていたため、石が堆積しているのである。この土と石の組み合わせは、水はけがいいだけでなく、必要なときに土が熱を蓄えられることも意味し、結果としてワインには際立ったミネラルの風味が見られる。こうした特長に、ガイザーヴィルの町から南に5キロという立地(アレキサンダー・ヴァレーの西端)が重なって、ジンファンデルおよびその補助品種にとって完璧な条件が揃うのである。 1966年以来の偉大なワインの地 ガイザーヴィルの歴史は、トレンタデュー家に触れずには語れない。そもそも、リッジの創立者たちにモンテベロ・ワイナリーを売ったのが、レオとイヴリンのトレンタデュー夫妻であったのだ。そのつながりから創立者たちは、ソノマ郡ガイザーヴィルの町の南端にあるトレンタデュー家の畑から、一番古い樹のブドウを買ったのだ。かくして、リッジによるガイザーヴィルの初ヴィンテージが生まれることとなった。トレンタデュー家との親密な関係は、今日まで続いている。リッジでは、単一畑産ジンファンデルとしてのガイザーヴィルのワインを、1966年以来毎年生産し続けてきている。

    • Product Images
    • クロ・ペガス カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー

      • 8,000

      • 税込8,640

      5
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2016
      生産者
      クロ・ペガス
      生産地

      このワインはカリストガにあるテンマ・ヴィンヤードとカーネロスにあるミツコズ・ヴィンヤードのキリッと溌剌としたスタイル、ダナウィール・ヴィンヤードのスパイシーさをブレンドしたもので、完璧なナパ・ヴァレーを表現しています。1955 年、カリフォルニア大学の学生であったイアン・シュラムは休暇で日本を訪問し、ミツコという女性と恋に落ちました。日本で翻訳の出版会社を立ち上げ大成功を収めたイアンは、ミツコさんと結婚しその出版社を売却。駆け落ち同然でヨーロッパに渡り彼女の大好きなワイン造りを学びました。その後、ワイナリーを設立する為に世界中を旅し、見つけた土地がカリフォルニアのナパ・ヴァレー。そして 1984 年、念願のワイナリーを設立しました。樽の強いフレーヴァーや高いアルコール、凝縮しすぎたフレーヴァーを避け、フードフレンドリーで十分な果実味がありながらもエレガントな「クロペガス・スタイル」 のワイン造りを実践しています。

    • Product Images
    • エレノア レッド・ワイン カリフォルニア

      • 8,100

      • 税込8,748

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2013
      生産者
      フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー
      生産地

      コッポラ監督の妻であり、ソフィアの母であり、アーティストであるエレノアへ、結婚 50 年を記念し彼女に捧げたワインです。ソノマとナパの自社畑のブドウだけで醸造されたプレミアムワインです。ラベルに描かれているアールデコ調の花の模様は、ユニークな布地を求め世界中を旅したエレノアが見つけたお気に入りの模様で、このラベルは全てエレノア直筆のデザイン、文字で造られています。2017 年初夏には長編映画としてはエレノア初監督作品となる「ボンジュール・アン」が公開され、彼女のワインに対する愛情やパッションも感じ取られます。

    • Product Images
    • マヤカマス・ヴィンヤーズ シャルドネ マウント・ヴィーダー ナパ・ヴァレー

      • 8,500

      • 税込9,180

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      マヤカマス・ヴィンヤーズ
      生産地

      マヤカマス・ヴィンヤーズはナパ・ヴァレーのマヤカマス山脈南部、マウント・ヴィーダーの頂上近くに位置する老舗ワイナリーで、歴史は1889 年までさかのぼります。1968 年に当時ハイツ・セラーズでワイン造りに携わっていたボブ・トラバースがワイナリーを購入し、1976 年のパリ・テイスティングの赤ワイン部門では、1971 年産のカベルネ・ソーヴィニョンが7 位に入賞します。2006年に行われた、このテイスティングの30 周年記念のテイスティングでは、同じワインがフランスのグランヴァンを抑えて見事3 位に輝きました。これはマヤカマスのワインが長期の熟成を得る事で、本来のポテンシャルが十分に引き出されるワインだと世界的に証明された瞬間でした。2014 年はマヤカマスでの醸造125 周年記念のヴィンテージです。クオリティは素晴らしく、フレッシュ感、精密性、パワーの全てを兼ね備えてたワインです。アロマはデリケートで、洋梨の皮、スイカズラ、濡れたスレート、バニラビーンズが際立ちます。口に含むとリッチでまとまりがあり、酸味とミネラルのアタックの後、レモンカスタードやピスタチオに変化します。

    • Product Images
    • イングルヌック エディツィオーネ・ペニーノ ジンファンデル ラザフォード ナパ・ヴァレー

      • 8,800

      • 税込9,504

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      イングルヌック
      生産地

      歴史 エディツィオーネ・ペニーノ・ジンファンデルはフランシス・フォード・コッポラの母方の祖父フランチェスコに敬意を払って造ったワインです。フランチェスコはイタリアに生まれ若い頃にアメリカに移住し、「エディツィオーネ・ペニーノ」として知られる音楽出版会社を立ち上げました。会社のロゴは二つのイメージが描かれていました。それはフランチェスコが最後に見た故郷ナポリ湾の風景と、彼が最初に見たアメリカの風景である自由の女神です。フランシス・コッポラはそのオリジナルのデザインを自社畑のジンファンデルのラベルに採用し、それぞれのヴィンテージの瓶詰に使用するコルクにはペニーノが所有している歌の一つの題名が毎年印字してあります。ヴォリューム感がありとてもコンパクトにまとまっているジューシーなワインです。潰したイチゴ、ブルーベリー、チェリーのアロマがあります。乾燥させてバラの花ビラ、クローヴ、お香、ラズベリー、スパイスプラム、乾燥させた樹木が口の中で香ります。きめ細やかタンニンが骨格を作り出し、フルボディでリッチ、自然な酸味と丸みを感じます。フレンチとアメリカンオークで熟成された結果、土壌やスパイスの香りが長い余韻に楽しめます。

    • Product Images
    • エディツィオーネ・ペニーノ・ジンファンデル

      • 8,800

      • 税込9,504

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      イングルヌック
      生産地

      エディツィオーネ・ペニーノ・ジンファンデルはフランシス・フォード・コッポラの母方の祖父フランチェスコに敬意を払って造ったワインです。フランチェスコはイタリアに生まれ若い頃にアメリカに移住し、「エディツィオーネ・ペニーノ」として知られる音楽出版会社を立ち上げました。会社のロゴは二つのイメージが描かれていました。それはフランチェスコが最後に見た故郷ナポリ湾の風景と、彼が最初に見たアメリカの風景である自由の女神です。フランシス・コッポラはそのオリジナルのデザインを自社畑のジンファンデルのラベルに採用し、それぞれのヴィンテージの瓶詰に使用するコルクにはペニーノが所有している歌の一つの題名が毎年印字してあります。1975年にコッポラ監督がイングルヌックの敷地を購入した時、ジンファンデルの樹を引き抜く事を進められましたが、このジンファンデル種がイタリア原産とも考えられ、いつも家族で飲んで楽しんでいた為、ジンファンデルの畑を残すことを強く主張しました。

    • Product Images
    • ニーバウム・エステート カベルネ・ソーヴィニョン I882 ラザフォード ナパ・ヴァレー

      • 8,900

      • 税込9,612

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2014
      生産者
      イングルヌック
      生産地

      イングルヌック・ヴィンヤードの設立者、グスタフ・ニーバウムは 1882 年ヴィンテージに初めてワインを造りました。その同じ年、グスタフはワイナリーの敷地の奥、マヤカマス山脈の麓の斜面を直接掘り抜き、ワインを熟成させるカーヴを作る計画を立てます。 ワインが樽の中で熟成する際の最適な温度を計測することが目的でした。山を掘り抜いてワインを熟成させるカーヴを作ることは今でこそ当たり前ですが、当時まだ醸造の科学的な解析が進んでいなかった時代には画期的なアイディアでした。「I882」は、グスタフ・ニーバウムの情熱と栄光に敬意を表して造られたワインです。 イングルヌックの敷地はナパ・ヴァレー内の Rutherford AVA(ラザフォード)のベンチと呼ばれる平地の中心部にあります。この土地では果実味とミネラルが特徴的なしっかりとしたブドウが実ります。「I882」は自社畑のブドウのみを使って造られた生産量限定ワインで、イングルヌック・ブランドのルビコンとカスクに続き、第 3 のワイン的存在です。

    • Product Images
    • ザ・ヒルト ザ・オールド・ガード シャルドネ サンタ・バーバラ・カウンティ

      • 9,000

      • 税込9,720

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      White wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ホナータ
      生産地

      サンタ・イネズ・ヴァレーの「JONATA(ホナータ)」の姉妹ワイナリーで、将来を期待される若き才能あふれるワインメーカー、Matt Dees(マット・ディース)が醸造を務めます。ホナータの醸造責任者として兼任するマットは「透明感」があるワインの醸造を得意とし、畑のテロワールをワインにそのまま表現させることができるスペシャリストです。彼は醸造科学を専門分野としていて、巷では土壌オタクと呼ばれています。「ジ・オールド・ガード」は控えめでエレガントなスタイルのワインです。痩せた土壌に植えられた厳選したクローンから実るブドウを使用して、セラーでは必要以上のことは行わないポリシーのもとに造られ、香りと味わいにミネラルが広がり、どこか旨みを感じるような複雑性があります。謙虚で優しいスタイルのワインです。名前は「昔かたぎ」を意味します。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。