Loading...

TERRADA WINE MARKET

検索条件 並べ替え
    • Product Images
    • シャトー デュアール ミロン 2010 / Chateau Duhart Milon [85344]

      • 22,000

      • 税込24,200

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2010
      生産者
      シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト
      生産地

      ルイ15世の武器密輸商人「サー・デュアール」が、ポイヤックで隠居生活を送っており、その家の風景がラベルに描かれています。ルイ15世の武器密輸商人「サー・デュアール」が、ポイヤックで隠居生活を送っており、その家の風景がラベルに描かれている。1855年の格付けで格付け第4級に認定され、19世紀後半から20世紀前半までポイヤック村でもっとも広大な畑を有していました。しかし1937年以来、わずか25年で5回所有者の変更を経験したデュアール・ミロンは、急激に勢いをなくすこととなります。1962年にロートシルト家が買い取り、葡萄畑に大規模な改良を施したことで、見事な復活を遂げました。CHラフィット・ロートシルトと敷地や葡萄畑が隣接しており、同じ醸造チームが管理しています。両シャトーは厳格な収穫技術に基づき、手作業での収穫を実施。年間を通じて、定期的にメンテナンスを行っています。化学肥料はほとんど使わず、有機肥料もわずかのため、寿命の長い葡萄の木を育てることができ、樹齢80年を超えた株だけを引き抜いています。カベルネ・ソーヴィニョン73%メルロー27%のブレンド比率。クレーム・ド・カシス、タバコの葉などきれいなノートを醸し出しています。前年よりスケールが大きく、しっかりした骨格を持ち、驚くほどの凝縮感と深みがあるワイン。

    • Product Images
    • ホナータ ラ・サングレ・デ・ホナータ レッド・ワイン バラード・キャニオン サンタ・イネズ・ヴァレー

      • 22,000

      • 税込24,200

      0
      販売者
      ワインインスタイル
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      ホナータ
      生産地

      カリフォルニア ・ カルト ・ ワインの代表格とも言われるスクリーミング ・ イーグルのオーナーがサンタ・バーバラに興味を示したのが 2000 年。アスパラガスを栽培した方がいいと言われた土地にボルドー系品種を植えました。本人曰く「これは大きなばくち」と言ったこの賭けが、ミッシェル ・ ローランやスタグリンの醸造家であったマット ・ ディーズの力により、カリフォルニアを代表するスーパープレミアムワインを生むことになりました。ロバート ・ パーカーは「彼らがあの土地でボルドー品種で成功した事は、度肝を抜かれるくらいの驚きです。」と評しています。完熟したブドウ、黒胡椒、タール、トリュフのアロマがあります。口に含むと生き生きとしていて、隙のないフルボディワインです。凝縮感と長い余韻がとても印象的です。

    • Product Images
    • シャトー ピション ロングヴィル バロン 2012 / [94927]

      • 22,000

      • 税込24,200

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2012
      生産者
      シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
      生産地

      大手保険会社アクサが所有するシャトー。程よいタンニンで、上品な余韻が長く続きます。ピション・ロングヴィル・バロンの畑は1933年ブーティエ家がこの所有権を獲得しました。1980年代後半には大手保険会社アクサに売却されて今日にいたります。大手保険会社アクサが購入してから大掛かりな改革が行われました。畑とワインづくりを監督さるためにランシュ・バージュのオーナー、ミシェル・カーズを雇い、カーズにしたがい収穫日を遅らせ、選別を厳しく、センカンド・ワインの導入、新樽比率を高めたことなどから品質は劇的に向上しています。現在はミシェル・カーズの引退にともない、その後を引き継いで、高く評価されているクリスティアン・セリが管理人を務めています。カシスやブラックベリーなどの凝縮した黒系果実のアロマ、カカオなどの香りと共に、スモーキーなニュアンスも感じられます。程よいタンニンで、上品な余韻が長く続きます。

    • Product Images
    • オスピス ド ボーヌ ポマール キュヴェ スザンヌ ショードロン 2015 / [42416]

      • 22,000

      • 税込24,200

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      オスピス・ド・ボーヌ
      生産地

      オスピス・ド・ボーヌは、寄進された畑のワインを毎年11月の第3日曜日のオークションで売ることで運営されていいます。1443年、大法官ニコラ・ロランによって医療と擁護の施設である慈善院オスピス・ド・ボーヌが創設されました。寄進された畑のワインを毎年11月の第3日曜日の競売会で売ることで運営されていいます。現在では寄進された畑も60haを超え、ブルゴーニュにおける一大ドメーヌとなっています。毎年行われる、ワインオークションからの利益は、医療機器の最新化、快適にするための施設の改善と歴史的遺産の保護にすべて寄進されています。オスピス・ド・ボーヌが所有する区画、キュヴェ・スザンヌ・ショードロンは1ha。果実味、タンニンもしっかりしていて膨らみがあるほどよいコクのあるミディアムボディの赤ワイン。

    • Product Images
    • エサンス ド ドゥルト 2008 / Essence de Dourthe [13567]

      • 22,000

      • 税込24,200

      0
      販売者
      株式会社徳岡 [shop Bon repas]
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2008
      生産者
      ドゥルト
      生産地

      ボルドートップネゴシアンのドゥルト社のワイン畑からそれぞれ2ha使用し生み出されるワイン。ボルドー有数のネゴシアン・ドゥルト家が所有する5つのシャトー「ベルグラーヴ」「ル・ボスク」「ペイ・ラ・トゥール」「ラ・ガルド」「グラン・パライユ・ラマルゼル・フィジャック」の畑のブドウを使用。それぞれ2ha使用し生み出されるワイン。カベルネソーヴィニョン、メルロー、プティヴェルド、カベルネフランのブレンド。

    • Product Images
    • クロ・ドラ (2015)

      • 22,320

      • 税込24,552

      0
      販売者
      ピーロート・ジャパン株式会社
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2015
      生産者
      ジェラール・ベルトラン
      生産地

      【常時クール便対象商品】 こちらのワインは年間を通して追加料金なくクール便でワインをお届け致します。 配送欄は通常配送を選択してご注文下さい。 テイスティングノート 濃いガーネット色。力強く、気品のある特徴は、たっぷりとした、凝縮された風味によって示される。洗練された熟成のおかげで、黒果実の香りは、長い余韻へと続く。クロ・ドラは重要な貯蔵ポテンシャルを持つ並外れたワイン。 相性の良い料理:4週間熟成された牛ヒレ、グレイビーソースを添えたマッシュルームのソテー テロワール 9ヘクタールの畑は、乾いた岩の壁に囲まれ、標高220メートルのミネルヴォワのラ・リヴィニエールに位置する。2種類のテロワール、バートニアン期からの土壌とルテティア期の土壌の交点であり、石灰、砂岩、泥灰土質の土壌である。 葡萄品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、カリニャン 栽培 ビオディナミ農法を使用。耕作は馬が行う。 収穫と醸造 除葉は収穫前に行われる。葡萄は全て手摘みで収穫される。 各葡萄品種と区画は、温度管理のされたコンクリートタンクで、別々にマセラシオンがされる。 シラー:茎を取り除いた果房を大桶に入れて醸造する。 グルナッシュ&ムールヴェードル:除梗をし、軽く破砕をし、厳しく温度管理のされた大樽に入れられる。極めて優しくマセラシオンをし、タンニンの抽出をコントロールする。通気のためにパンプオーバーを行い、果帽部分のみ加湿する。 カリニャン:果房全体を大きな桶に入れ、高めの温度でアロマを最大限に引き出す。 熟成:フレンチオーク樽で12ヶ月間熟成させる。 ブレンディング 樽からワインを取り出し、春分の後にブレンディングが行われる。 ブレンドする葡萄品種: シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、カリニャン ブレンディングする順番: グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、カリニャン クロ・ドラは、時間をかけて熟成させたプロジェクトの成果である。スピリチュアルな旅とこのミステリアスで手付かずの区画から最高のワインを造りたいという、逆らうことのできない野望から生まれた。 意識を高めてこのワインを飲み、メッセージの力に誘導されてほしい。

    • Product Images
    • 幻の品種入りイタリア土着品種ワイン4本セット

      • 22,600

      • 税込24,860

      0
      販売者
      株式会社 Vino Hayashi
    • タイプ
      Red wine
      ヴィンテージ
      2017
      生産者
      アズィエンダ・アグリコラ・クリヴェッリ
      生産地

      ●イタリア土着品種は多様過ぎて選ぶのに迷いますが、その中で飲み比べてもらいたい品種を4種類セットにしています。比較的よく知られているピエモンテ原産のバルベーラ(ワイン名セテカピタ)、 1度絶滅しかけたが最高格付けに昇格した幻の品種ルケ(カスタニョーレ・モンフェッラート)、ギリシャ由来のグレコ(グレコ・ディ・トゥーフォ)、長期熟成も可能な稀少品種ティモラッソ(ファウスト)。 それぞれの美味しい個性がハッキリわかるスタッフもおすすめのセットです。 当セットには、各ワインが1本ずつ含まれています。 ①グレコ・ディ・トゥーフォ 10月中旬頃に手摘みで丁寧に収穫し、ステンレスタンクで6ヶ月間シュールリー熟成。火打石やオレンジの花、ライムの香り。心地よい酸味とミネラルが長く伸び、しっかりとした骨格があります。余韻に感じる塩味とほろ苦さが全体を引き締めます。 <生産者> カンティーネ・ディ・マルツォ  カンティーネ・ディ・マルツォは1648年にシピオーネ・ディ・マルツォによって始められたカンパーニア州で最も古いカンティーナの一つで、かつてムッソリーニが表敬訪問したことがあるほど深く長い歴史を持ちます。2009年には現当主フィリッポ・ディ・ソンマ氏の母方のマルツォ家から父方のナポリの貴族ソンマ家の管理下に移りましたが、その息子フェッランテ氏がフランス、イギリス、ロシアへ渡りワイナリー経営のための哲学を学び持ち帰ったことで新たな時代へと突入しました。ブドウ畑は粘土と石灰岩が混じり合った土壌で、23ヘクタールに渡ります。海抜200メートルから500メートルの南西向きの傾斜地にあり、日夜の寒暖差の激しい寒く乾燥した気候が特徴です。17世紀に持ち込まれたブドウの木を、元来のブドウが保持する性質が変わることの無いよう丁寧に管理し続けています。カンティーネ・ディ・マルツォは「ブドウへの愛」と「最高品質の追求」という同じ哲学を栽培者たちと共有し、強い絆で繋がっています。 ②コッリ・トルトネージ・ティモラッソ ”ファウスト” イタリアの伝説的ロードーレーサーであるオーナーの祖父の名前が付けられたワイン。ピエモンテで唯一長期熟成が可能な稀少土着白ブドウ品種ティモラッソを使用しています。特有の華やかな香りを生かす為、樽での熟成は行っていません。 酸味と旨味の利いた深い味わいが印象的。しっかりとした骨格と非常にパワフルなボディー、大変エレガントな余韻を合わせ持ちます。 <生産者> ヴィーニャ・マリーナ・コッピ ミラノからジェノヴァに向け南下。トルトーナを越えたあたりに広がる丘陵地帯に、カステッラーニアはあります。村に入ると、白い壁に画かれたロードレースの写真をいたるところで目にします。描かれているのはファウスト・コッピ。小さな村を世界中に知らしめた伝説的ロードレーサーで「カンピオニッシモ(チャンピオンの中のチャンピオン)」と呼ばれるイタリアの英雄です。 オーナー兼醸造家であるフランチェスコ・コッピ氏はファウスト・コッピの孫にあたります。マリーナ・コッピは2003年に設立され、その夢は、祖父ファウスト・コッピのように、この小さな村カステッラーニアで造るワインを世界中に広めること。カステッラーニアはピエモンテ州の偉大な生産地域の陰に隠れているものの、ブドウ作りには最高の環境と土壌を有する村です。また、素晴らしいポテンシャルを持つ土着品種が栽培できる土地でもあり、飛躍の準備は整っています。畑は僅か4ヘクタール。年間生産本数も2万5千本という大変小さなワイナリーですが、裏を返せばフランチェスコ氏自身が畑に細心の注意が払え、ワイナリーでの仕事も一人でまかなえる限界でもあります。小さなワイナリーの大きな挑戦です。 ③ルケ・ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート 貝を多く含んだ石灰質と凝灰岩の白い土壌。バラの華やかな香りに、ゼラニウムの葉や赤系ベリーなど。酸は大変キレイで、タンニンは細やか。余韻にカラメルのようなほろ苦い旨みが残ります。ルケの元組合長が造る最上級の神秘的土着品種。 <生産者> クリヴェッリ カスタニョーレ・モンフェッラートの中でも、ルケ最高の品質を生み出すと言われているエリア、モンティオの丘の上にクリヴェッリの畑はあります。昔からこの辺りにはブドウ畑がありましたが、戦後多くの人々がオーストリアに出稼ぎに行ってしまったため働き手が減り、放置された土地が多く残っていました。クリヴェッリでは近年需要が増え続けているため、今も尚徐々にそういった畑を購入し毎年新たに苗を植えて生産量の拡大を目指して成長しています。 現オーナーのマルコ氏は、2013年までルケの組合の代表を務めていました。一度は絶滅しかけた幻の土着品種。まだワインの歴史は浅いですが、そのルケが2010年にDOCGの最高格付けに昇格したのは、彼の功績によるところです。 クリヴェッリのボトルのラベルはマルコ氏の友人でもあったアスティ地方出身の人気画家カルロ・カロッソ氏に依頼したもので、カルロ氏が酔っ払った時に描いたマルコ氏のイメージ像だそうです。 ④バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ “セテカピタ” 標高300mの南向きの畑。9月末に収穫を行い約28~30℃で発酵。フレンチオークのトノー(中樽)で20~24ヶ月間熟成。カンゾウやナツメグといった黒系スパイスをはじめスミレ、カカオといった複雑な香り。タンニンはとてもきめ細かく柔らかで、骨格はありつつ非常に品が良い仕上がり。年間生産本数3,000本。 <生産者> テヌータ・サンタ・カテリーナ 若き女性オーナーによる最先端技術「シンビオージ(共生)」の躍進。 このテヌータ・サンタ・カテリーナにおいて、肥料や農薬を使わないナチュラルな製法でワインを造るというプロジェクトが始まったのは2000年のことでした。畑仕事ではもちろんのこと、醸造過程においても化学製品は使いません。ビオロジックの一種ではありますが、彼らはこの製法を「シンビオージ(共生)」と呼び、異なるものと位置づけています。キノコや穀類などの菌を繁殖させることで畑そのものの生命力を高めるということに重点を置いています。 このプロジェクトの中心は、グイド氏とその娘のジュリアさん。初めてリリースされたヴィンテージは2007年で、現在は24ヘクタールの畑を所有しています。この辺りは工業地帯が一切なく自然に囲まれたエリアで、土中から貝殻が発掘されるといったミネラル質の高い土壌が特徴です。 このようなテロワール(気候・地形・土壌)を生かしながら造られるシンビオティコなワインを今後どのように昇華させていくのかが非常に楽しみなワイナリーです。

20歳未満の方のアルコール類の
購入・飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒運転は法律で禁止されています。